ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和3年(2021年)12月プレスリリース資料 > 住居確保給付金の再支給及び新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請期間の延長等が実施されます

ここから本文です。

更新日:2021年12月1日

住居確保給付金の再支給及び新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請期間の延長等が実施されます

長野県(健康福祉部)プレスリリース  令和3年(2021年)12月1日

新型コロナウイルス感染症の影響等により生活に困窮される方々へ適切に支援を届けるため、以下のとおり申請期間の延長等が実施されます。

1 住居確保給付金

新型コロナの特例による再支給の申請期間の延長

令和4年3月31日(木)まで(延長前 令和3年11月30日(火)まで)

※上記までに住居確保給付金の申請をされた場合、引き続き職業訓練受講給付金との併給が可能です。

求職活動要件の緩和

給付の要件となる求職活動については、ハローワークに加え、当面、地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口での求職活動も対象とされます。

  • 制度の概要及びお問い合わせ窓口は、以下のホームページをご覧ください。

(1) 制度の概要    https://corona-support.mhlw.go.jp/jukyokakuhokyufukin/index.html

(2) お問い合わせ窓口    http://www.nsyakyo.or.jp/upload/ed90dd2e824b970e3c9cf52531da1ff647fa8206.pdf

2 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

申請期間の延長等

令和4年3月31日(木)まで(延長前 令和3年11月30日(火)まで)

令和4年1月以降、緊急小口資金及び総合支援資金(初回)を借り終えた世帯も一定の条件で対象となります。

再支給の実施

初回の支給(最大3ヶ月)に加え、再支給(最大3ヶ月)も可能となります。

(19市については各市、町村については県が窓口となります。県の受付については、国の要綱等が示され次第別途プレスリリースします。)

求職活動要件の緩和

給付の要件となる求職活動については、ハローワークに加え、地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口での求職活動も対象とされます。

  • 制度の概要及びお問い合わせ窓口は以下の県ホームページをご覧ください。

  https://www.pref.nagano.lg.jp/chiiki-fukushi/ziritsushien/shienkin.html

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域福祉課

担当者名:(課長)山崎敏彦 (担当)矢島峻介、櫻井綾乃

電話番号:026-235-7094

ファックス番号:026-235-7172

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?