ホーム > 千曲建設事務所 > 事務所概要 > 管内の概況

ここから本文です。

更新日:2021年5月10日

千曲建設事務所

管内の概況

管内区域(1市1町)

  • 千曲市
  • 埴科郡坂城町

面積、人口及び世帯数

令和3年4月1日現在

 

市町村名

面積

(㎢

人口

(人)

世帯数

(世帯)

千曲市

119.79

58,694

(58,998)

22,391

(22,210)

埴科郡

坂城町

53.64

13,908

(14,205)

5,609

(5,651)

173.43

72,602

(73,203)

28,000

(27,861)

(注)

は、令和2年4月1日現在

人口は毎月人口異動調査による。

面積は国土地理院発表資料(平成28年10月1日現在)による。

地勢

管内は、千曲川が南から北へ延長20.85kmを1/400~1/500の勾配でほぼ中心部を流れ、流域平坦部に市街地を形成している。

千曲川により東西に隔てられた市街地を結ぶため、千曲川を横架する県管理の道路橋梁は7つある。

また、周囲は冠着山、鏡台山など標高1,000~1,300mの連峰で囲まれ、長野市、上田市、東筑摩郡麻績村及び筑北村(2市2村)と境を接している。

これらの山地からは沢山川、佐野川、更級川、日名沢川、御堂川など、いずれも急峻な河床勾配の一級河川が千曲川に注いでいる。

このうち千曲市の荏沢川、坂城町の谷川では、明治12年から内務省直轄による砂防事業が行われ、特に荏沢川の石材で整備された石堰堤群は平成21年1月8日に国(文化庁)の登録有形文化財に登録され、現在も土砂災害防止効果を発揮し、流域の保全に寄与している。

標高(海抜)

  • 千曲市(市役所):360.4m
  • 坂城町(役場):393m

地質

管内は、北部フォッサマグナ地帯に属し、非常に複雑な地質構造となっている。基盤及び山地を形成する地質は、第三紀中新世堆積岩類(砂岩、泥岩、凝灰岩類)に第四紀の火成岩類(安山岩類、凝灰角礫岩等)が噴出して構成されている。この基岩類を被覆して山麓に続く緩斜面には、崖錐性、あるいは扇状地性堆積物が分布し、千曲川沿いの平地には沖積層が発達している。

なお、田毎の月で著名な「姨捨の棚田」の一帯は、もともとの地すべり地形の斜面上にあり、現在、地すべり防止地域に指定されている。

気象

降雨量は比較的少なく、年間総降水量は、おおむね1,000mm未満で推移しているが、平成10年には1,146mmと過去最高を記録した。昭和46年以降における日最大降水量は、195mm(令和元10月12日)、日最大降雪量は64cm(平成26年2月15日)である。また、最高気温は40.3℃(平成6年8月16日)、最低気温は-13.4℃(昭和52年1月30日)、年平均気温は13.0℃前後である。[観測地点:千曲坂城消防組合本部]

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県千曲建設事務所総務課

長野県千曲市大字屋代1881

電話番号:026-273-1720

ファックス番号:026-273-1722

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?