ホーム > 千曲川流域下水道事務所 > 申請・届出・排除基準 > 下水排除基準について

ここから本文です。

更新日:2020年8月30日

千曲川流域下水道事務所

下水排除基準について

亜鉛及びカドミウムの下水排除基準について

 

 

 

(平成28年12月11日)

  1. 改正の内容
    一部の事業場に設けられていた暫定排水基準について、猶予期間が延長されました。
  2. 延長期間
    亜鉛:平成33年12月10日
    カドミウム:平成29年11月30日(溶融めっき業)、平成31年11月30日(金属鉱業)
  3. その他
    この改正に伴い、下水道法による特定施設届出のしおりの排除基準一覧表を改正しました。

下記ページより特定施設届出のしおりが閲覧できます。

下水道法による特定施設届出のしおり

ほう素及びふっ素の下水排除基準について

  1. 改正の内容
    一部の事業場に設けられていた猶予期間が終了し、新しい基準が適用されることになりました。
  2. 新基準適用開始日
    平成28年7月1日
  3. 猶予期間
    平成31年6月30日
  4. その他
    この改正に伴い、下水道法による特定施設届出のしおりの排除基準一覧表を改正しました。

 

 

 

カドミウムの下水排除基準について

下水道法施行令の一部を改正する政令が平成26年12月1日付けで施行され、カドミウムの排除基準が強化されました。施行から一年が経過し、一部の事業場に設けられていた猶予期間が終了しましたので、下水道法による特定施設届出のしおりの排除基準一覧表を改正しました。

  1. 改正の内容
    平成26年12月1日に既設であった事業場について、猶予期間が終了し、カドミウム及びその化合物の排除基準0.03mg/Lが適用されます。
  2. 新基準適用開始日
    平成27年12月1日
  3. 引き続き猶予期間のあるもの
    金属鉱業及び溶融めっき業については、平成26年12月1日から2年間、非鉄金属第1精錬・精製業及び非鉄金属第2精錬・精製業については3年間、基準0.05mg/Lが適用されます。

 

トリクロロエチレンの下水排除基準について

  1. 改正の内容
    下水道施行令の一部を改正する政令が平成27年10月21日付で施行され、トリクロロエチレンについて、下水排除基準を従前の0.3mg/Lから0.1mg/Lに変更します。
  2. 新基準適用開始日
    平成27年10月21日
  3. 猶予期間
    既存の特定事業場には、施行日から6ヶ月間(水質汚濁防止法施行令別表第3に掲げる施設の場合は1年間)の猶予期間があります。
  4. その他
    この改正に伴い、下水道法による特定施設届出のしおりの排除基準一覧表を改正しました。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県千曲川流域下水道事務所 

長野県長野市真島町川合1060-1

電話番号:026-283-4170

ファックス番号:026-283-4175

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?