ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > DX推進課紹介 > 夏のDigi田甲子園

ここから本文です。

更新日:2022年9月12日

夏のDigi田甲子園

デジタル技術の活用により、地域の課題を解決する取組を総理大臣が表彰する、「夏のDigi田甲子園」が開催されました。
長野県代表の取組は以下のとおりです。たくさんの投票をありがとうございました。

夏のDigi田甲子園とは

デジタル技術の活用により、地域の課題を解決し、住民の暮らしの利便性と豊かさの向上や、地域の産業振興につながっている取組を総理大臣が表彰。
各都道府県の地区予選を突破した総勢159件の取組が応募。
インターネット投票と有識者による審査により、4部門上位4件の受賞団体を決定
夏のDigi田甲子園とは?(内閣官房ホームページ)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

長野県代表

県内全77市町村(代表:坂城町)
長野県内全77市町村が主体となった協働事業!市町村と県による協働電子図書館「デジとしょ信州」
〇実装部門(中核市等)第5位(751票)

デジとしょ信州サムネイル(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

⾧野県民がだれでも、いつでも、どこからでも使える「市町村と県による協働電子図書館」、愛称「デジとしょ信州」が令和4年8月より開始。
デジとしょ信州(市町村と県による協働電子図書館)とは?(県立図書館HP)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)
紹介動画(YouTube)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

塩尻市
AIを活用したオンデマンド型地域公共交通システム構築プロジェクト
〇実装部門(その他の市)第5位(715票)

塩尻市サムネイル(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

高齢者をはじめとする交通弱者等に対して、AIを活用した利便性の高い持続可能な移動手段を構築するとともに、慢性的なドライバー不足の解決に向けた取組みを実施。
AI活用型オンデマンドバス「のるーと塩尻」の運行について(塩尻市HP)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)
紹介動画(YouTube)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

富士見町
デジタルを活用した自治区(自治会、町内会)から居住区民への情報配信
〇実装部門(町・村)第6位(585票)

富士見町サムネイル(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

LINEを活用して自治区が居住区民へ情報をデジタル配信するための仕組み『ふじみリンク』を構築し、開発した情報配信ツールを各自治区へ無償で配布。
富士見町LINEアカウント(富士見町HP)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)
紹介動画(YouTube)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

長野県代表の選出方法

全77市町村のデジタル田園都市国家構想担当者の投票により決定しました。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部DX推進課

電話番号:026-235-7072

ファックス:026-235-0517

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?