ここから本文です。

更新日:2021年2月14日

長野県職員として輝きたい女性へ

千曲建設事務所 整備課 青木 友紀 主任

青木主任1

【経 歴】
平成20年 入庁(総合土木)
平成20年 長野建設事務所 
平成23年 奈良井川改良事務所 
平成28年 現所属

 県職員の仕事について一言

 あたりまえの暮らしをつくり、支え、守る仕事

現在の業務内容

 各地域にある建設事務所では、道路・河川・砂防事業の計画・工事・維持管理等を行っています。

 現在、私の所属する計画調査係では、事業の元となる計画や設計を行っており、事業計画や設計内容について、地元住民の方々への説明や関係機関との協議を行っています。その他にも、防災マップの作成や、観光産業と連携して自転車道を利用したサイクリングの推進、建設業PRのための橋カードの作成配布を行う等、とても幅広い業務を行っています。

青木主任2

 

県職員を志望した理由

 地元で働きたかったというのが一番の理由です。高専を卒業して大学に編入後、長野県庁に入庁しました。高専の時点で、工業系に興味があったので、そのまま自然と土木の道に進みました。

 また、建設業の中でも県職員は、計画、工事、維持管理とすべての業務に携われますし、人と話すことが好きなので、様々な方と話し合いながら、一つのものを作り上げていく、最初の一歩に携われることにワクワクします。

仕事をするうえで大事にしていること

 「地元住民の皆さまが、どうなったら嬉しいのか、どうしたら安全で安心な暮らしが送れるのか。」、本当に必要なことは何かを考えるように心掛けています。県全体という大きなところよりも、今ここに、目の前にいる方々の生活や環境がよくなるといいなと思っています。

職場のワークライフバランスについて

 小学生と年少の娘が2人おり、子どもが小さいうちは、子どもとの時間を大切にしたいと考えています。現在、保育園の送り迎えのため、1時間の部分休業を取得しています。1人目の復帰時には、半年程度、週3日勤務の育児短時間制度を取得していました。復帰後の子育てに関する様々な制度も整っていますし、職場の理解もあり、大変働きやすく子育てしやすい環境だと思います。

青木主任3

県職員としてこれからチャレンジしたいこと

 建設業にも、女性が増えていってくれると嬉しいなと思っています。令和2年度には、「長野県職員建設女性の会」が立ち上がり、意見交換会や現場見学会等を行っています。

 建設業=男性のイメージがあるかもしれませんが、カッコいい女性がたくさんいます。また、はじめたばかりですが、インスタもやっています!ぜひ「#長野県職員建設女性の会」をご覧ください!

 休日の過ごし方

 最近は、もっぱら子どもと公園に遊びに行ったり、イベントに参加したりしています。子どもがいることで、それまで行かなかったであろう場所やイベント等に参加して、出会わなかったであろう人たちと知り合いになる機会ができ、自分自身の視野も広がったと感じています。

受験者へのメッセージ

 長野県建設部には多くの女性技術職員が在籍しており、女性技術職員同士の交流もありますので、困ったことがあれば、先輩や近い年代の仲間に聞くことができます。ぜひ一緒に楽しく働きましょう!もちろん男性の皆さんも!!

お問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局

電話番号:026-235-7465

ファックス:026-235-7492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?