ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県職員募集案内 > 先輩からのメッセージ > 先輩からのメッセージ(総合土木 入戸 康輝)

ここから本文です。

更新日:2021年2月1日

先輩からのメッセージ(総合土木 入戸 康輝)

県職員の仕事について一言 

 長野県の未来を形づくることができる仕事です!

現在の業務内容

 建設事務所では、県内の土木施設に関する計画・工事・維持管理等の業務を行っており、そのうち飯田建設事務所関連事業課では、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道に関連する道路整備等の業務を行っています。

 私は、三遠南信自動車道に関連するバイパス事業に携わっており、現在はトンネルや橋梁の設計やバイパス工事の発注・現場監督の仕事をしています。

県職員を志望した理由

 私は、自分でイメージしたものを目に見える形として残せる仕事がしたいという思いがありました。大学で土木学科を専攻したのもこの理由からです。建設事務所の仕事は、計画をイメージし、実際に工事をして形になるところまでを全て自分で行える点に魅力を感じ志望しました。

入戸技師2

 

仕事をするうえで大事にしていること

 仕事を円滑に進めていくためには自分の考えを相手にしっかりと理解してもらうことが大切だと思っているので、分かりやすく物事を伝えることを一番に心がけています。職場だけではなく、地元住民の皆様に工事の計画や内容を説明する機会も多いため、相手に説明する前に、しっかりと理解してもらえる内容であるか、一度俯瞰して考えてから伝えるように努めています。

入庁前と入庁後のギャップ

 熱気のある職場に良い意味でのギャップを感じました。職場ではより良いものをつくるために熱のこもった議論が行われており、上司や同僚の姿勢にいつも刺激を受けています。

県職員としてこれからチャレンジしたいこと

 資格の取得です。土木の仕事をする上では様々な知識が必要となるため、日々基準書等を読み、自分なりに勉強もしています。

 資格を取得することにより、自己のスキルアップだけでなく仕事で経験を積んでいく中で必ずプラスになると思うので、様々な資格取得を目指していきたいです。

入戸技師3

休日の過ごし方

 休日は家族との時間を大切にしています。平日は子どもと一緒に遊ぶことができないので、その分休日は一緒に公園へ出かけて全力で遊びます。子どもの笑顔を見ることが何よりの楽しみなので、外へ出かけてリフレッシュすることでさらに仕事も頑張ることができます。

受験者へのメッセージ

 長野県は面積が広く、地域ごとに風土や文化に特色があります。それぞれの街の空気に触れながら働けることがとても魅力的だと思います。長野県の良さを大いに感じながら、一緒に働けることを楽しみにしています。

お問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局

電話番号:026-235-7465

ファックス:026-235-7492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 求める人物像
  • 長野県職員募集案内パンフレット