ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)5月プレスリリース資料 > 『余地ダム貯蔵』!ダム貯蔵用酒(日本酒)の搬入作業を行います

ここから本文です。

更新日:2022年5月6日

『余地ダム貯蔵』!ダム貯蔵用酒(日本酒)の搬入作業を行います

長野県(産業労働部)プレスリリース令和4年(2022年)5月6日

佐久地域の酒造会社有志が立ち上げた「佐久SAKE Aging研究会」が、佐久穂町の県営余地(よじ)ダムの施設内に、この春までに醸造した日本酒を約4か月間貯蔵するための搬入作業を行います。

1入日時

令和4年5月9日(月曜日)13時30分から(15時頃までに終了予定)

2蔵場所

余地ダム 監査廊(佐久穂町余地地区)

3蔵期間

令和4年5月9日(月曜日)~令和4年8月末日
※貯蔵期間終了後、令和4年9月より順次発売予定。詳細は各酒造会社へお問い合わせください。

4蔵数量

720mlビン:2,718本、1,800mlビン:596本

5蔵主体

「佐久SAKE Aging研究会」(下記6社で構成、代表:黒澤酒造(株))
(搬入順)武重本家酒造(株)、(株)古屋酒造店、千曲錦酒造(株)、佐久の花酒造(株)、黒澤酒造(株)(橘倉酒造(株)は今季見合わせ)

6の他

この取組は、ダムを活用した地域活性化策の一環として、年間を通じて温度変化が小さいダム施設において、日本酒の貯蔵場所としての有効性等を検証するために行っています。

取材について

  • 取材は申込み不要です。
  • 取材の際は、マスク着用、手指消毒等の新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じるようご協力をお願いします。
  • 詳細は、佐久建設事務所維持管理課管理係(担当:中山)あてお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業労働部産業技術課日本酒・ワイン振興室

担当者名:(課長)相澤光宏(担当)林すみれ

電話番号:026-235-7126 

ファックス番号:026-235-7197 

所属課室:営業局 

担当者名:(次長)山口光彦(担当)松下寿々子

電話番号:026-235-7248

ファックス番号:026-235-7496

所属課室:佐久建設事務所維持管理課

担当者名:(課長)前田英己(担当)中山章

電話番号:0267-82-8271

ファックス番号:0267-82-7400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?