ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)5月プレスリリース資料 > 新型コロナウイルス感染症の患者受入病床を新たに確保しました

ここから本文です。

更新日:2022年5月27日

新型コロナウイルス感染症の患者受入病床を新たに確保しました

長野県(健康福祉部)プレスリリース令和4年(2022年)5月27日

新型コロナウイルス感染症の患者受入病床を新たに7床確保しました。長野県における確保病床数は520床となります。

1床確保の趣旨

新型コロナウイルス感染症患者の入院医療の充実を図るとともに、高齢患者等の療養解除前の転院先となる病床等を確保し、患者受入病床の効果的・効率的な運用を図る。

2回の確保内容

  • 患者受入病床を新たに7床確保。(確保病床数は513床から520床に増加)
  • 緊急的対応病床は引き続き140床確保。

※緊急時に一般医療を制限して稼働を要請する病床

3回確保先病院名等

圏域 病院名 今回の確保病床数 備考
南信州 飯田病院 中・軽症者用2床 新規
松本 丸の内病院 中・軽症者用1床 新規
長野 山田記念朝日病院 中・軽症者用2床 新規
県立総合リハビリテーションセンター 中・軽症者用2床 現行12床→14床
合計 7床  

4の他

本日20時現在の算定から確保病床使用率の分母を520床に変更します。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部感染症対策課

担当者名:(課長)大日方 隆 (担当)宮下 豊

電話番号:026-235-7336

ファックス番号:026-235-7334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?