ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)6月プレスリリース資料 > 県管理ダムにおいて「既存流出解析モデルにAIを組み合わせたダムの流入量予測」の試行運用を開始します

ここから本文です。

更新日:2022年6月6日

県管理ダムにおいて「既存流出解析モデルにAIを組み合わせたダムの流入量予測」の試行運用を開始します

長野県(建設部)プレスリリース令和4年(2022年)6月6日

既存の流出解析モデルにAIを組み合わせることで、洪水初期の流入量を高精度に予測し、予備放流を開始する時間を的確に捉える他、利水事業にも配慮した効率的な貯水位の管理を支援するシステムを構築し試行運用を開始します。

1.予測システムの概要

導入するダム

ゲートによって貯水位を管理運用している裾花ダム、奥裾花ダム、松川ダム

導入の効果

‣予備放流を適切に行い、発電等に使用する水量への影響を少なくすることができます。(利水容量への負荷を軽減)
‣洪水初期の流入量予測の精度が向上し、予備放流が必要な場合のダム下流域のパトロールや関係機関・住民への情報提供をより適切に行うことができます。(下流域の安全性向上)

2.システムに関する説明会(報道機関向け)

日時

令和4年6月10日(金曜日)10時30分から

場所

県庁西庁舎201号室

その他

取材を希望される方は、前日の14時00分までに河川課治水係までご連絡をお願いします。

(取材者多数の場合は、新型コロナウィルス感染防止の観点から、取材の時間帯を調整します)

 

関連資料

プレスリリース資料(PDF:212KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:建設部河川課

担当者名:(課長)川上学(担当)牧和宏

電話番号:026-235-7309

ファックス番号:026-225-7069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?