ホーム > 社会基盤 > 河川 > ダムについて > 浅川ダムに関する疑問にお答えします。(地すべり対策)

ここから本文です。

更新日:2015年12月11日

浅川ダムに関する疑問にお答えします。

(当ページは作成途中段階のものであり、今後も質問項目や関連情報を追加していく他、適宜文言の修正があることをご了承ください。)

 

地すべりの対策工について

1.押え盛土工

2.抑止杭工

3.頭部排土工

4.集水井工


1.押え盛土工
○地すべりが滑動しようとする力に抵抗する力を増加させるために、原則として地すべり末端部に盛土を行う工法

▲このページのトップへ戻る

 

2.抑止杭工

杭を不動地盤まで挿入し、移動土塊と不動地盤の間にくさびを打ち込んだ効果を発揮させ、地すべりが滑動しようとする力に直接抵抗させる工法

▲このページのトップへ戻る

 

3.頭部排土工

地すべりが滑動しようとする力を低減するため、原則として地すべり頭部の土を排除する工法

▲このページのトップへ戻る

 

4.集水井工

深層部に分布する地下水を排除することによって、すべり面付近の間隙水圧(地下水位)を低下させるために井戸を設置する工法

 

▲このページのトップへ戻る

 

お問い合わせ

建設部河川課

電話番号:026-235-7308

ファックス:026-225-7069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?