ホーム > 北アルプス農業農村支援センター(技術経営普及課) > 活動紹介 > 長野式電気柵(イノシシ・中型獣バージョン)モデル柵を設置しました

ここから本文です。

更新日:2020年7月28日

北アルプス地域振興局

長野式電気柵(イノシシ・中型獣バージョン)モデル柵を設置しました

 スイートコーン、トマト、カボチャ等の夏野菜が出荷される時期になりました。

 収穫が間近となった夏野菜が、イノシシ、ハクビシン、タヌキ、キツネ、カラス等の有害鳥獣に食害され、悔しい思いをした・・・という話をよく聞きます。

 このうち、イノシシ、ハクビシン等、獣類に高い侵入防止効果のある簡易電気柵が、平成26年に県農業試験場で考案された「長野式電気柵(イノシシ・中型獣バージョン)」です。

 幅1m、網目サイズ16mmのポリエチレン製ネット(商品名:アニマルネット)と電気柵2段張りを組み合わせたシンプルな構造ですが、高い侵入防止効果が期待できます。

 農業農村支援センターでは、大町市内にモデル柵を設置しました。

 モデル柵では防鳥糸によるカラス対策も実施しています。

 

zyugai1長野式電気柵(イノシシ・中型獣バージョン)全景。上部の防鳥糸でカラス対策を実施。

zyugai2幅1m、網目サイズ16mmのポリエチレン製ネット(商品名:アニマルネット)の外側に地際から通電線:15cm間隔の2段張りのシンプルな構造。

お問い合わせ

所属課室:長野県北アルプス地域振興局北アルプス農業農村支援センター

大町市大町1058-2

電話番号:0261-23-6510

ファックス番号:0261-23-6512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?