ホーム > 北アルプス農業農村支援センター(技術経営普及課) > 活動紹介 > 雪中キャベツが収穫期を迎えました

ここから本文です。

更新日:2021年2月8日

北アルプス地域振興局

雪中キャベツが収穫期を迎えました

 今年も小谷村の特産物である「信州おたり雪中キャベツ」の収穫がいよいよ始まりました。

 このキャベツは、2週間以上雪の下で生育していることを条件に販売されており、積雪量が多かった年末年始を経て、1月から収穫が本格化しています。

 厳しい寒さを耐え抜いてきたキャベツは、その甘さから県内外に根強い人気があります。

 現在、地区によっては2m近く積雪しており、苦労して掘り進めた先に見つかるキャベツはさながら宝のようです。

 スーパーマーケット、管内直売所及び、道の駅を中心に販売しております。

 ぜひ見かけたら手に取り、生産者の努力と想いがこもった雪中キャベツのおいしさを体感していただけたらと思います。

 

kyabetuhoridasi掘り出している様子

kyabetutorakkuこれから出荷されます

 
 

お問い合わせ

所属課室:長野県北アルプス地域振興局北アルプス農業農村支援センター

大町市大町1058-2

電話番号:0261-23-6510

ファックス番号:0261-23-6512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?