ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 海外の宿泊施設紹介サイトの有効活用について

ここから本文です。

更新日:2016年5月31日

海外の宿泊施設紹介サイトの有効活用について

ご意見(2016年4月28日受付:Eメール)

今話題の海外の宿泊施設紹介サイトですが、長野県は簡易申請で利用可としていただきたいです。
ホテルでも旅館でも下宿でも無いので申請を楽にして欲しいです。

「旅館業を経営しようとする者は、都道府県知事(中略)の許可を受けなければならない。」

がルールなので、お問合せフォームで申請して稟議を通す流れがいいと思います。

長野県は観光県です。他県からや外国からの誘致には宿泊施設の確保が最優先事項です。
繁忙期に宿泊施設を予約できなくて別の県に行ってしまったなんてこともあると思います。

トラブルは当事者間の問題ですし、器物破損は海外の宿泊施設紹介サイトに請求できる話です。

簡単にスタートできる環境を県が用意してください。
ホテル、旅館の数≒観光客数では観光資源は頭打ちですが、民泊がOKになれば青天井です。
どこの県よりも先にやりたいです。

政府の方針も夏には決まるはずです。
今のうちから検討を進めて欲しいです。

何なら私が県庁に入って推進するでもいいです。

回答(2016年5月11日回答)

長野県健康福祉部長の山本英紀、長野県観光部長の吉澤猛と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、海外の宿泊施設紹介サイトの有効活用策に関するご意見について、お答えします。

このたびは、本県の民泊活用に向けての貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。
御提案のありました簡易な営業許可申請につきまして説明申し上げます。
現行の旅館業法では、事業者が、宿泊料を受けて人を宿泊させる行為を継続反復して行う場合は、営業許可を取得していただく必要があります。そのため、海外の宿泊施設紹介サイトなどインターネット上の仲介サイトを活用して宿泊者募集を行う形態は、「広く宿泊者の募集を行い、繰り返し人を宿泊させる可能性がある状態」と考えられることから、ホテルや旅館を営業する場合と同様に、旅館業法に基づく営業許可申請が必要となります。
宿泊施設については、関係法令により構造設備の基準が定められており、許可申請を受けて県が行う審査に当たっては、申請時に提出いただいた図面が現状と相違ないかどうか、施設の構造設備が法令の基準に適合しているかどうか等の観点から、現地調査を行うことが不可欠であることを、どうぞご理解くださるようお願いいたします。

貴殿もご承知のとおり、訪日外国人旅行客の増加を背景とし、東京都のような大都市を中心として高い宿泊施設稼働率が続いており、さらに、オリンピック・パラリンピック東京大会が開催される2020年には、旅行客の増加により宿泊施設が不足すると言われております。
このような中、自宅の一部や空き別荘、マンションの空き室などを利用して宿泊サービスを提供する「民泊サービス」は、宿泊施設の新たな供給源として注目を集めており、宿泊施設の不足の解消策として期待されていますが、一方で、治安、衛生、近隣トラブルなど懸念される課題があります。

県としては、観光振興の観点から安心・安全な宿泊施設が提供されることが重要であると考えており、大都市圏とは異なり、本県では客室需要がひっ迫した状況にはないなどの実情を踏まえ、現在、国において進められている民泊サービスのルールづくりの動向等を注視しつつ、県として必要な対応を検討してまいりたいと考えております。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、旅館業法に係る件については、健康福祉部食品・生活衛生課長清澤哲朗、担当:生活衛生係、観光振興に係る件については、観光部観光誘客課国際観光推進室長:遠山明、担当者までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:健康福祉部食品・生活衛生課/生活衛生係/電話026-235-7153/メールshokusei(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:観光部観光誘客課/国際観光推進室/電話026-235-7252/メールgo-nagano(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:くらし・生活環境)(月別:2016年4月)2016000116

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)