ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 信州パーキング・パーミットの利用交付対象について

ここから本文です。

更新日:2016年5月31日

信州パーキング・パーミットの利用交付対象について

ご意見(2016年4月25日受付:Eメール)

信州パーキング・パーミットの利用証交付対象について病院や小規模作業所、グループホーム、障がい者の福祉施設、特別支援学校、有料老人ホームや老人福祉施設等が所有叉は使用する車両で身体・知的・精神障がい者、難病患者、高齢者、妊産婦、けが人など、歩行が困難な方で、長野県が示している基準を満たしている方が乗車している場合は、利用証交付対象に該当しませんでしょうか?。
信州パーキング・パーミット(障がい者等用駐車場利用証)制度はあくまでも個人の車両を対象にしているのでしょうか?。
僕がいる病院が利用証の交付に関してどうなっているか分かりませんが、もしも病院も利用証交付対象で不交付状態であれば交付に向けご検討をお願いします。
僕自身障がい者であり身体障がい者手帳所持者で病院の車両を利用して協力施設一覧に載っているとある場所を利用予定です。
お忙しいところ申し訳ありませんが教えていただければ幸いです。

回答(2016年4月28日回答)

長野県健康福祉部長の山本英紀と申します。
県民ホットラインにお寄せいただきました信州パーキング・パーミット制度に関するご質問について、お答えします。

貴殿におかれましては、車両での移動の際に大変ご苦労されていることと拝察いたします。

この制度は、障がい者等用駐車区画に障がいのない方が駐車してしまい、必要な方が必要な時に使えない場合があるという問題が生じているため、配慮が必要な方に対して、県が利用証を交付し、駐車区画の適正利用を推進する制度として4月20日にスタートしたところです。

制度の説明が不十分で申し訳ありませんでしたが、利用証の交付対象につきましては、車両ではなく、障がい等により歩行が困難な方お一人お一人を利用証の交付対象としております。

そのため、交付対象と思われる貴殿のお名前で申請をいただければ、特定の車両に限らず、貴殿が乗車する車両に利用証を掲示していただくことで、協力施設の駐車区画へ駐車することができるようになります。

お話しによれば、協力施設の利用を予定されていらっしゃるとのことですので、お手数ですが、利用証の交付申請をいただきますようお願いいたします。

申請書類は、県庁及び各保健福祉事務所へ郵送又は持参していただくこととしております。

制度の詳細及び必要な書類等については、下記ホームページでご案内しておりますのでご覧ください。申請用紙もダウンロードいただけます。

※長野県ホームページ信州パーキング・パーミット制度について
http://www.pref.nagano.lg.jp/chiiki-fukushi/parkingpermit/20151224.html

また、本制度が車両単位ではなく、配慮が必要な個人を対象としていることについて、県民の皆様に誤解されることがないよう、周知の際に配慮してまいりたいと考えております。

県といたしましては、今後も引き続き、より多くの施設・店舗等に本制度にご協力をいただけるよう呼びかけをおこない、誰もが気持よく外出できる福祉のまちづくりの推進に努めてまいります。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、地域福祉課長:滝沢弘、担当:地域支援係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:健康福祉部地域福祉課/地域支援係/電話026-232-0053/メールchiiki-fukushi(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2016年4月)2016000091

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)