ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 熊本地震新義援金プランについて

ここから本文です。

更新日:2016年6月30日

熊本地震新義援金プランについて

ご意見(2016年5月6日受付:Eメール)

以前の中越・312栄村・神城他災害時、熊本を始めとする九州各地より支援を頂いたお礼に新たな義援金活動の提案です。今更ですが、クマ繋がりのアルクマとくまモンのコラボで何かできないでしょうか。くまモンは使用権が緩和されたそうですし、例えば「アルくまモン共同基金」としてアルクマにくまモンの着ぐるみを着せたり、くまモンにアルクマの着ぐるみを着せてイベントを行ったり、またそれをグッズ化して売り上げを寄付したりできないのでしょうか。義援金活動は県内でもいろいろなところで行われていますが、長期に渡る援助が必要だと思います。同じくまキャラで、立派な城を持つ県として、現在真田丸にあやかっている県として文化財の修復費の役に立てればと思います。いかがでしょうか?ご検討ください。

回答(2016年5月13日回答)

長野県観光部長の吉澤猛と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた「熊本地震新義援金プラン」についてお答えいたします。

貴殿からは、4月14日に発災し、九州地方に甚大な被害が出ている平成28年熊本地震について、本県のPRキャラクターアルクマと熊本県のPRキャラクターであるくまモンとのコラボによる支援のご提案をいただきました。

貴殿のおっしゃるとおり、本県は、栄村の地震、御嶽山噴火災害、神城断層地震、それぞれの災害において全国の皆様方から、温かなご支援をいただいてまいりました。
今回の熊本地震に対しては、被災された皆様方の想いにしっかり寄り添って、県民の皆様方と一緒に最大限の支援を行っていきたいと考えています。

今回の地震に関連した県の動きとしましては、救援物資の搬送や避難所等の応援に従事する職員の派遣等を行ってきたところですが、その中でもアルクマを活用した応援としましては、アルクマの公式ツイッターを通じて被災地に励ましの言葉を送ったところです。
今後も機会を捉えまして、SNS等を通じた応援メッセージの発信を行ってまいりたいと考えております。
ご提案いただいたくまモンとアルクマのコラボにつきましては、熊本県の意向も尊重しながら、今後、どのようなことができるか検討してまいりたいと考えております。
この度は貴重なご提案をいただき誠にありがとうございました。

以上、ご提案に対する回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、観光誘客課長:塩原一正、担当:観光プロモーション係までご連絡くださいますようお願いいたします。

【問合せ先:観光部観光誘客課/観光プロモーション係/電話026-235-7254/メールkankoshin(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:くらし・生活環境)(月別:2016年5月)2016000132

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)