ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 全国植樹祭のリハーサルについて

ここから本文です。

更新日:2016年6月30日

全国植樹祭のリハーサルについて

ご意見(2016年5月2日受付:Eメール)

今年長野県で行われる全国植樹祭に際し、4月29日の総合リハーサルに参加させていただきました。

このときの対応について疑問があります。
1バス搭乗前に出席者の点呼がありませんでしたが、なぜでしょうか。遅刻者は置いてけぼりということでしょうか。
2エムウェーブ到着後、会場を回りながら出入口等の説明を受けましたが、途中10分ほどタバコ休憩がありました。
その間タバコを吸わない人たちは座ることもできず野ざらしで待たされていました。どういった了見でしょうか。
3一通り会場を回った後、屋外で一時間近く立たされまま当日までの流れを説明されました。
当日は4月とはいえ肌寒く、風も吹いており、大変な苦痛を受け、全く頭に入りませんでした。なぜあのような環境で説明されなければならないのでしょうか。
4上記の説明中、あまりの環境の悪さに倒れた方がいらっしゃりました。このことについて知事様、林務部長様にはいつ情報が行きましたか。
5倒れた方が出た後にようやく屋内に入れてもらいましたが、その後もまた立たされたまま20分近く同じ調子の説明がされました。何があっても座らせないというのは植樹祭担当の指示なのでしょうか。。
6当日はすべて外注の業者が説明しただけで、県の植樹祭担当はあいさつもしないどころか一度も姿を見せませんでした。いくらなんでも休日をつぶして参加した人たちに対して失礼ではないでしょうか。
7リハーサルとは名ばかりのあまりにもひどい内容で、当日の行動を全く理解できないどころか、参加へのやる気を失いかけましたが、植樹祭本番に向けて今後どのようにしていくおつもりでしょうか。

今後の改善と植樹祭の成功を期待します。

回答(2016年5月12日回答)

長野県林務部長の池田秀幸と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました「第67回全国植樹祭総合リハーサル」に関するご意見についてお答えします。

4月29日の総合リハーサルには、休日の中ご参加いただきありがとうございました。
当日は、4月中でも特に冷え込んだ1日となってしまったなか、ご指摘のとおり至らぬ点があり、大変申し訳ありませんでした。
以下、ご質問のありました内容について、順次回答いたします。

1往路、復路のバス移動につきましては、500名を超える多くの実施本部員等が定刻出発のバスにより各会場に移動していただきました。
これは、総合リハーサルを遅滞なく進めるためのものでしたが、実施本部員の皆様が、それぞれご都合の良いところから乗車できるよう、様々な場所から複数台のバスを出発させたため、十分なスタッフを配置することが困難な状況にあり、点呼による出欠確認ができず、申し訳ありませんでした。
2ご指摘のとおり、肌寒い中、会場の外ではなく、なるべく会場の中で研修し休憩していただくべきだったと反省しています。
なお、会場の外でたばこ休憩があったとのことですが、トイレ等を考慮した休憩であったと確認しております。
3、5招待者接遇部の添乗担当の研修では、会場内に着席して研修をする部屋がなく、また、研修内容が設備や動線の確認が主たる内容であったため、徒歩移動が多く、また立ったままの研修となってしまい大変ご苦労をお掛けしました。
4このような環境だったせいか、添乗担当としてご参加いただいたボランティアの方が貧血で倒れられ、病院にお連れして診察を受けていただきました。診察の結果、問題がなかったことから、友人達とバスでお帰りいただいています。
なお、倒れられた方がいることやその対応状況等は、実施本部の総括部長として逐次報告を受けています。
6招待者接遇部の研修は業務により複数のグループに分け、時間帯をずらして実施しており、担当者は全グループのリハーサルに参加する予定でした。
しかしながら、他のグループに参加する中で、時間が想定したよりもかかってしまい、担当者が参加できないグループが発生してしまいました。大変失礼をいたしました。また、全体のあいさつとしては早朝に私が、午後は全国植樹祭推進室長があいさつに回りましたが、こちらも時間が合わないグループが出てしまい失礼をいたしました。
次回の前日リハーサルでは、ご参加いただいた皆様に確実に担当者からごあいさつできるよう計画を練り直してまいります。
7今回のリハーサルは、先に申し上げたように会場内の動線及び業務の確認が目的でしたが、招待者接遇部の参加者数に見合った講師を確保できず、業務を確認していただく目的は十分に達成できていないと認識しています。
このため、6月4日の前日リハーサルでは、いただいたご意見を踏まえ、添乗していただく招待者の区分ごとに業務概要を整理した資料を配布し、総合リハーサルのフォローアップを実施するなど、内容の改善を図ってまいります。
最後に、県内及び県外の招待者が安全・快適に本大会にご参加いただくためには、添乗担当の皆様のお力が重要であると考えています。私どもも全力で取り組み、招待者の心に残る大会としてまいりたいと考えております。引き続きご協力をお願いいたします。

連休を挟みましたので、回答が遅れましたことをお詫びいたします。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、森林づくり推進課全国植樹祭推進室長:河合広、担当者:招待接遇係まで直接ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:林務部森林づくり推進課全国植樹祭推進室/招待接遇係/電話026-235-7377/メールzenshoku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:農業・林業)(月別:2016年5月)2016000120

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)