ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 労働基準法について

ここから本文です。

更新日:2016年8月31日

労働基準法について

ご意見(2016年7月19日受付:Eメール)

最近、諏訪合同庁舎に電話すると10回以上呼んでも繋がらない事が多い。
先日は20回近く呼んでやっと繋がった。
交換手に、何人でやっているのか聞くと、一日中1人の時があるから待たせる事があるとの事。
昼食時であっても、食べている時に電話があると、取次ぐ様にしているらしい。
他の合同庁舎ではこんなに繋がらない事は無いが、他も1人なのか。
電話が繋がらない県民サービスの低下以前に、休憩時間が無い事は、労働基準法に違反していると思うが。
手待ち時間は休憩時間にはならないはず。
合同庁舎の管理者はその事実を認識しているのか。
それとも電話交換職員には、労働基準法第34条は適用されないのか。
最近よく聞く、コンプライアンスはどうなっているのか聞きたい。

回答(2016年7月26日回答)

長野県総務部長の小林透と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、諏訪合同庁舎の電話交換業務に関するご意見についてお答えします。

この度は、諏訪合同庁舎にお電話いただいた際にご不便をおかけしましたこと、先ずもって諏訪地方事務所職員共々心よりお詫び申し上げます。

ご指摘いただきました件につきまして、諏訪合同庁舎の管理者である諏訪地方事務所に確認したところ、諏訪合同庁舎では電話交換業務と受付業務を併せて民間業者に委託しており、通常4名の職員がシフトを組み、業務を行っておりますが、6月下旬に1名が急に退職したため、現在は3名が交代で休憩時間を取りながら業務に当たっているとのことです。

このため、電話交換業務が時間帯によっては1人になることがありますが、各合同庁舎についても一日中1人で業務を行うことはなく、休憩時間も労働基準法で定める法定時間を確保しているとのことです。

しかしながら、現在の状況は県民サービスの低下につながり、職員の負担も大きいことから、本来の体制となるよう受託業者において職員の配置を進め、業務体制の確保を図りました。

また、県といたしましても受託業者に対して、今後も引き続き労働関係法等の法令遵守を徹底するよう指導いたしました。

今後とも、いただいたご意見を肝に銘じ、気持ちよく庁舎をご利用いただけるよう努力してまいりますので、お気付きの点などがございましたら、忌憚のないご意見をお寄せいただければと存じます。

以上、ご提案への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、財産活用課長:小野光尚、担当:庁舎管理係、又は人事課コンプライアンス推進室長:宮下克彦、担当者までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:総務部財産活用課/庁舎管理係/電話026-235-7045/メールzaikatsu(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:総務部コンプライアンス推進室/電話026-235-7031/メールcompliance(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2016年7月)2016000433

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)