ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 母子父子就学資金貸付について

ここから本文です。

更新日:2016年8月31日

母子父子就学資金貸付について

ご意見(2016年7月12日受付:Eメール)

先日、子どもの大学進学のため母子父子就学資金を借り入れたく、自立支援員の方に相談いたしましたが、借入についてあまりにハードルが高く驚き、この制度を利用できる人はよほど恵まれていると思いましたので、いくつか申し上げたくお願いいたします。

1.連帯債務者(親)完済時に70歳未満とありますが、返済15年と大学4年でそれに入学時18年とすると、33歳以下で子どもが生まれないと70歳の条件を満たしません。

2.同様に年収240万以上借入額以上の収入があること。

3.連帯保証人は親であること。

1について、女性でも40歳以降に子どもを産む時代です。また男性では40歳以降の父親は当たり前です。とても現在を対象とした制度に思えません。
子を産む年齢で区別することは平等でないと思います。

2について、今日において母子父子家庭で240万円以上の収入がある家庭が何割あるでしょうか。わたくしにはとてもそれは考えられません。

3について、なぜ保証協会のようなものが使えないのでしょうか。奨学金は保証料を支払えば使えます。

以上のことから、この制度は本当に必要な母子父子家庭のための制度であるととても思えません。特定の余裕ある家庭に対する優遇策です。年齢制限の撤廃と保証協会保証による借り入れができるよう改定していただきたいと思います。

回答(2016年7月21日回答)

長野県県民文化部長の青木弘と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた母子父子寡婦福祉資金の修学資金貸付に関するご意見についてお答えいたします。
この度は母子父子寡婦福祉資金の貸付について貴重なご意見をいただきまして、誠にありがとうございました。
貸付を希望された母子父子寡婦福祉資金は、ひとり親家庭の経済的自立の助成と生活意欲の助長を図り、併せて児童の福祉を増進するため、皆様からの税金を原資として貸付を行うもので、このうち9割近くが修学資金や就学支度資金等の子どもに関する資金の貸付となっています。また、貸付に際しては、県又は市の母子・父子自立支援員により、その後の返還計画までを確認しつつ、子どもの希望実現を支援するために運用しております。

このうち修学資金については、貸付金額が多額になることや、償還が子どもの学校卒業後以降長期に及ぶことから、貸付時点において将来の全額償還を確保するため、親の所得によって連帯保証人を立てていただく制度になっており、その要件として、1.生計を別にする親族等の第三者であり、2.一定水準以上の所得を有し、3.償還最終日に原則として70歳未満である方としております。なお、償還期間については、15年以内の中で、毎年の償還額を勘案して、申請者に決めていただいております。
また、親と連帯保証人にはそれぞれの所得要件があり、その例としては、親については、その所得が扶養親族1人の場合は57万円、2人の場合は95万円に満たないときは、上記の要件を満たす連帯保証人が必要となります。この連帯保証人につきましては、その方の所得が扶養親族1人の場合は230万円、2人の場合は268万円以上あることを要件としております。

この制度資金については、昨今の新規学卒者の就職環境の変化等もあり、毎年度、償還金の滞納が相当額発生しており、平成27年度末の滞納額は2億7千万円を超え、県としてもその回収に努力しているところです。このため、貸付事業を円滑に継続して運用していくためには、上記の要件を設定せざるを得ず、全てのひとり親家庭の皆様のご要望に沿えないことにつきましては、何とぞご理解いただきますようお願いいたします。

また、保証会社等の機関保証につきましては、現在は連帯保証人に代わるものとして認めていませんが、貴殿のご意見を踏まえ、県内の個人保証を取り扱う機関及び保証料率等について調査を行い、その結果等について改めてご連絡させていただきます。

今後も、ひとり親家庭の支援をより効果的に行うため、今回いただいたご意見を活かし市町村等関係機関と連携して、母子父子寡婦福祉資金の適正な運用に努めてまいります。

回答が遅れ、誠に申し訳ありませんでした。
以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、こども・家庭課長:草間康晴、担当:ひとり親係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:県民文化部こども・家庭課/ひとり親係/電話026-235-7147/メールkodomo-katei(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:くらし・生活環境)(月別:2016年7月)2016000404

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)