ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 中学生の部活について

ここから本文です。

更新日:2016年8月31日

中学生の部活について

ご意見(2016年7月4日受付:Eメール)

この春次女が中学に入学しました。運動部に入りましたが、昔と違って”平等にやりたい事が出来ない”公立中学校でありながら、”不平等である”ことを実感しています。まず、運動部は親の送り迎えがないとできない、送り迎えのできない家庭では、いくら子どもがその競技をやりたくても「送迎できないからやめなさい」ということになる。貧困家庭が増加していて「お金がないからやめなさい」という事になる。親の手だし、口出し、金出しも多く、シングルや貧困家庭では、門さえくぐれないような状態。一部の条件を満たした人しか自分の好きな部活さえ選べない。親が家でも学校でも口を出しすぎているせいか、子どもたちのストレスも増加しているように思う。運動部で悪質ないじめも発生しているのはそんなところも要因なのではないだろうかと感じる。朝練中止とか社会体育の事とか出てきましたが、学校任せではなく、すべての子どもが等しく部活動に参加できるよう、子どもたちが自分たちの力で帰宅できる時間にするとか、取り決めはできないものかと思う。ユニフォームだっておさがりにして貸し出せばいいと思う。何だか今の子どもたちは格差社会を学校でも感じなければいけない事が切ない。知り合いの子どもさんはバスケをしたかったのに、遠征などむやみやたらにお金がかかり、送迎する手段がないため諦めさせたそうです…。今は昔と違って生活も厳しい、働く女性と国はあっせんしているけど、中学になって小学校以上に手が掛かってしまう…そういったところも考えて貰いたいとおもう。

回答(2016年7月11日回答)

長野県教育委員会事務局教育次長の小林資典と申します。「県民ホットライン」あてにお寄せいただいた「中学生の部活」に関するご意見にお答えします。
この度は、現在の中学校における部活動のあり方についてご意見をいただき、ありがとうございます。

ご指摘のように、運動部活動は、学校教育の一環として教育課程との関連を図りながら誰もが参加できるものであって、生徒や保護者の皆様に不平等感を感じさせるものであってはなりません。また、条件を満たした生徒のみが参加できるということもあってはならないことです。「送迎できないからやめなさい」「お金がないからやめなさい」という言葉に表れていないプレッシャーを日々の部活動運営のあり方から感じられている保護者様のお気持ちを考えると、教育に携わる者として大変胸が痛みます。

ご指摘にあります保護者の送り迎えは、基本的に平日の部活動については必要はないと考えております。また、部活動が終了する時刻は、生徒が年度当初申請した通学路で安全に帰宅できるよう、季節に合わせて各学校で完全下校時刻を設定しています。
なお、時間を延長して活動するなど事情があって保護者の送迎を必要とする場合も考えられますので具体的な状況については当該校にご確認いただきたいと思います。

休日の対外試合などの送迎については、学校を離れた会場であれば保護者の送迎をお願いせざるを得ない状況もあります。現在では保護者会が組織されている部も多く、分担しながら送迎をするなど学校と保護者が連携を図って活動していますが、貴殿がおっしゃるように、様々な立場の保護者がいらっしゃることも考慮して部活動運営をしていく必要があると考えております。

長野県教育委員会では「スチューデント・ファースト」(学習者本位)の精神に基づき、「長野県中学生期のスポーツ活動指針」の普及を図っているところですが、それに加えて保護者による送迎、用具に係る費用の負担など、適切な部活動運営が行われるよう、引き続き県内の各中学校に周知してまいります。

また、部活動の費用のみに関わらず、学校において保護者の方々から徴収する費用について、保護者の方への説明を十分行うと共に、保護者の負担軽減を可能な限り図るよう、今後も市町村立学校を所管する市町村教育委員会に依頼してまいりたいと考えております。

もし、貴殿にご承知いただけるようでしたら、貴殿のお名前を伏せた上でいただいたご意見の趣旨を学校に伝えさせていただきますので、学校名等をお知らせいただければと思います。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、スポーツ課長小野沢弘夫、担当:学校体育係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局スポーツ課学校体育係電話026-235-7448メールsports-ka(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2016年7月)2016000374

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)