ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 公務員の隠蔽体質について

ここから本文です。

更新日:2016年9月30日

公務員の隠蔽体質について

ご意見(2016年8月15日受付:Eメール)

3年位前のきのこの写真とイラストの著作権裁判の件で、教えてください。
原告は著作権侵害について県の公式HPで著作権を受けた期間10年位をお願いしたのに、なぜ3週間しか公表しなかったのですか?
都合の悪いことは隠すんですか?
裁判にかかった費用は、前の書き込み見ると県の税金ですよね?「故意または重過失の場合請求できる」とのホットラインの公表がありますが、犯人に請求はしたのですか?
私の感覚だと、どう考えても重過失にしか考えられません。
お金請求していないなら「故意または重過失でない」理由を教えてください。
どうせ匿名だし無視されんだろうけど、書き込みます。

このような公務員の隠蔽体質に不満がある場合、どこにお願いすればよいのですか?県職員のお役人様が機能してない場合は県議会とかに書き込めばよいのでしょうか?県議会の窓口も教えてください。

対応等

健康福祉部薬事管理課及び総務部人事課コンプライアンス推進室の見解は以下のとおりです。

1謝罪文の公表について
謝罪文の掲載は人格権侵害を回復する措置として侵害回復に必要な期間掲載するべきものです。3週間という掲載期間は、著作権侵害の事実を周知し、著作権者の人格権侵害を回復するに足る期間として、ホームページ上で県民に対する周知文書の通常の掲載期間にならいました。
なお、本件謝罪措置については、大阪高等裁判所で行われた控訴審において、謝罪文の掲載期間を含めて、侵害された著作者人格権の回復措置として適当であると判断されています。


2裁判費用について
対象となった写真及びイラストの使用については、ホームページの作成を担当した職員が著作権確認の必要性があると明確に認識しないまま、著作権者の了解を得ることなく掲載してしまったものであり、故意又は重大な過失により著作権侵害をしたものではないため、職員へ請求を行っておりません。

3職員への不満の窓口について
県職員に対する苦情につきましては、総務部人事課コンプライアンス推進室にお寄せいただきますようお願いします。

【問合せ先:健康福祉部薬事管理課/麻薬毒劇物係/電話026-235-7159/メールyakuji(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:総務部人事課/コンプライアンス推進室/電話026-235-7031/メールcompliance(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2016年8月)2016000551

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)