ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > アルウイン芝について

ここから本文です。

更新日:2016年9月30日

アルウイン芝について

ご意見(2016年8月29日受付:Eメール)

アルウインの芝が酷い(腐ってる)ことになっています。試合が出来る芝とは思えません。そろそろ芝を張り替えの時期に来ているではないでしょうか。選手が怪我など発生する可能性と長野県を訪れる試合の応援者、関係者及びテレビ放映され、その芝を見た視聴者に自然環境豊かな県として恥ずかしくありませんか。以前よりプロの興行も多く行われ収入も増加していると思われます。一度担当者様が確認してください。ご検討宜しくお願いします。

回答(2016年9月5日回答)

長野県建設部長の奥村康博と申します。
「県民ホットライン」にお寄せ頂きました、アルウィンの芝に関するご意見についてお答えいたします。

日頃からアルウィンをご利用頂き、またこのたびは貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。
アルウィンは、平成13年度に供用開始して以来、15年程経過しており、施設や設備によっては、更新や修繕が必要であると認識しているところです。

そのなかで、ご提案のありましたピッチの芝についてでありますが、状況については、逐次、所管しております松本建設事務所の担当者が現地に出向き確認しているところです。
芝の状況としては、老朽化に伴う生育不良に加え、本年は夏場の高温と降雨不足も影響し、例年よりも生育が悪く、競技により傷んだ箇所の回復にも時間がかかっているという状況であり、寒暖の差が激しい立地条件と本年のような悪条件が重なるなかでの当スタンドの芝管理は非常に難しいところでありますが、公園の管理を委託している事業者とも相談のうえ、現在、できるだけ競技に支障がでないようコンディションの回復に努めているところです。

また、芝の老朽化に対する対応としましては、全面張り替えとなると多額の費用がかかることもあることから、これまで全面張り替えを行うことなく、専門家の意見も聴きながらエアレーションや目土の回数を増やすなどしてコンディションの維持に努めてまいりました。
しかしながら、こうした対応にも限界があることから、現在、抜本的に良好なピッチ環境を整えるための方法について検討を行っており、検討結果を踏まえできるだけ早期に対応して参りたいと考えております。

県としましては、ピッチの環境整備も含め、老朽化した施設や設備の更新等を順次行うことにより、アルウィンをより安全で利用しやすい施設となるよう計画的に取り組んで参りますのでご理解とご協力をお願いします。

以上、ご要望への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、建設部都市・まちづくり課長:藤池弘、担当:都市公園係もしくは、松本建設事務所維持管理課長:向山秀樹、担当:公園管理係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:建設部都市・まちづくり課/都市公園係/電話026-235-7297/メールtoshi-machi(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:松本建設事務所維持管理課/公園管理係/電話0263-40-1981/メールmatsuken-ijikanri(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:まち・みち・かわづくり)(月別:2016年8月)2016000605

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)