ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 公共工事入札制度について

ここから本文です。

更新日:2016年9月30日

公共工事入札制度について

ご意見(2016年8月25日受付:Eメール)

現行の公共工事入札における除雪委託業務との関係についてお願いがあります。
(1)受注希望型入札において地域貢献等を基本要件とする入札がありますが、通常の受注希望型案件の割合の中で地域貢献型の入札が3割以上あるような感じがします。入札案件が多い場合は良いのですが入札が月に4つ程度しかないのに2つは地域貢献型ということがあります。現在の地域貢献型は県の除雪もしくは凍結防止剤散布業務を行う事が必須であります。その除雪業務を行いたくても現在では除雪・散布の入札はいくつもの路線を合わせたブロック単位での発注であります。これは1業者では入札に参加したくても現実的にできません。以前は各路線毎入札があり業者の努力で参加できましたが今では建設業協会主のJVが多く、その他の業者は排除されがちであります。そして除雪業務もボランティアではなく対価を得ているのです。ですから地域貢献型入札にしても県除雪に参加したくてもできない業者もあるのですから例えば市町村除雪業者や、もしくは年に数回、建設事務所等でボランティア等を企画していただき参加した企業は地域貢献型入札の権利を与えるようにしていただきたい。そうでなければ、これから先、人口減少等から予算の縮減、工事量の減少が想定できますが、長野県は県の除雪を行う建設業者だけを残していく方針と思えてなりません。以上のことから地域貢献を基本要件とする入札案件を増やすのは良いのですが除雪だけが地域貢献ではないと思います。除雪を行わない業者対する代替措置等平等となるように行ってもらいたいです。
(2)工事の発注形態で特に「とび・土工」業種に関する入札の中で橋梁、地滑り防止工事などは元請での施工実績を必要とする工事が多いのですが新規に工事を行いたくても参加できません。確かに新規の者というのは不安はあると思いますが他工事でも同じではないのですか?知識のある技術者を新たに雇ったらどうなのですか?現在受注している業者の中で施工まで元請で行う業者がどれだけありますか?ほとんど専門の下請業者が行っているように思います。新規参入したくても一生無理な感じがします。それとも新規業者を拒むという事でしょうか?橋梁であれ、地滑りであれ、少額の工事等は要件を緩和して下請や配置技術者に経験者を充てればよいなどの措置を考えていただければと思います。
長々と書きましたが検討をよろしくお願いします。

回答(2016年9月1日回答)


長野県建設部長の奥村康博と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました公共工事入札制度に関するご意見についてお答えします。

このたびは、地域貢献等を基本要件とする受注希望型競争入札(以下「地域貢献型」)及び入札参加要件としての同種工事の実績につきまして、貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。
貴殿には、日頃より、県の公共事業にご協力をいただいておりますことに感謝申し上げます。

地域貢献型は、県管理道路の除雪業務等を通じて地域に貢献いただいている企業が、地域で活躍できる環境を整備することを目的として、平成22年度から試行しております。ご意見の中では3割以上が地域貢献型の入札とのご指摘ですが、平成27年度に県下及び中信地区ともに全工事件数の約5%の実施状況となっております。

現在、県で行っている複数路線を合わせた除雪業務等の発注は、同業務の効率性等を考慮して設定しているものです。ご指摘の通り、結果として企業の規模によっては応札できない、あるいは応札しても落札できない場合もございます。
業務の効率性は必要である一方、これを地域貢献型の入札参加要件としている点については県としましても課題と認識しており、現在、各地域の実情が反映された地域貢献型となるよう見直しを検討しているところです。

次に、同種工事の実績につきましてお答えします。
橋梁補修工事や地すべり対策工事などの特殊な工事では、確実な施工と品質を確保するため同種工事の実績を求めることが多くあります。
一方で、これは新たな分野への参入に対する支障となることはご指摘の通りです。
このため、平成26年4月に制定した「長野県の契約に関する条例(長野県HP:www.pref.nagano.lg.jp/kensa/20130401.html)」の取組方針において、「建設工事において、同種工事の実績を入札参加要件としている工事のうち、一定規模未満の工事について要件を緩和する」ことを位置付けており、対象とする工事の種類、規模等について検討を行い、今後、県の契約審議会にも諮りつつ、できるだけ早期に、緩和に向けた対応を進めてまいります。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、建設政策課技術管理室長:猿田吉彦、担当:入札・契約班までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:建設部建設政策課技術管理室/入札・契約班/電話026-235-7313/メールgijukan(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:まち・みち・かわづくり)(月別:2016年8月)2016000591

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)