ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 県民ホットラインの「原則として全文を公表します。」について

ここから本文です。

更新日:2017年4月30日

県民ホットラインの「原則として全文を公表します。」について

ご意見(2017年3月21日受付:Eメール)

このホットラインの制度は意見内容も回答内容も「原則として全文を公表します。」と決まっているはずです。
最小限の加筆修正ではなく内部向けの報告書のような書式で書く部所があります。
決まっている原則通りに公表してください。

回答(2017年3月22日回答)

長野県企画振興部広報県民課長の藤森茂晴と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、「県民ホットライン」の公表に対するご意見にお答えいたします。

日ごろから、「県民ホットライン」(以下、「ホットライン」といいます。)にご注目をいただき、誠にありがとうございます。ホットラインにお寄せいただきましたご意見等は、ご意見等及び回答の公表を通じて、県民の皆様と情報を共有し、施策・業務への反映や行政サービスの向上に役立てるよう努めているものです。
「共感と対話」の県政を進めるためのツールのひとつとして、県民の皆様には今後も様々な視点から忌憚のないご意見をお寄せいただきたいと考えております。

さて、今回ご指摘いただきましたのは、例えば、2016年12月26日受付の「小諸中込線について」のような公表の形式を採っているものへのものと拝察いたします。

ホットラインにお寄せいただくご意見の中には、差出人様がご自分の連絡先を伏せた上でお寄せいただくものもございます。その場合、担当部局でご意見の内容を拝見し、検討等をいたしますが、県から差出人様には回答ができませんので、「『県民ホットライン(知事へのご意見)』のホームページ公表方針」の「2基本方針」に基づき、公表をしておりません。
しかしながら、ご意見の内容を拝見し、早急に対応することが必要であるとか、例えば、差出人様がお持ちの情報等に誤りと思われる内容があり、正しい見解をお示しする必要があるなどの場合には、回答ができなくても、県の対応状況や見解をホームページに公表をする場合があります。この場合、回答はしておりませんので回答文の形式をとることなく、対応状況を端的にまとめた形で公表をしているものです。

皆様にお寄せいただきましたご意見等を生かすべく、担当部局において内容を拝見した上で、このように対応をさせていただいておりますので、貴殿におかれましてはご理解の程、よろしくお願いいたします。

(公表方針)
https://www.pref.nagano.lg.jp/koho/kensei/koho/hotline/top5.html

以上、お寄せいただきましたご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、広報県民課担当:県民の声係までご連絡くださいますようお願いいたします。

【問合せ先:企画振興部広報県民課/県民の声係/電話026-235-7110/メールkoho(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:「県民ホットライン」制度)(月別:2017年3月)2016001521

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)