ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 大北森林組合の件について

ここから本文です。

更新日:2017年4月30日

大北森林組合の件について

ご意見(2017年3月29日受付:Eメール)

・16億円もの金を交付していたのだから16億円を県民の税金から拠出したことなのではないですか。まずは16億円全額を返金させ住民税&森林税を払っている県民全員に返金すべきではないか。村井知事の対応を期待します。
・県職員が大北森林組合に交付した金は県職員が『余った予算を使うために』と、もし思っていたならとんでもないことではないか!このような考え方が県庁全体の中に蔓延しているのではないか!一般企業であればまだ許されるが県庁内でこのような事が常識のように行われているのであればとんでもないことだ!予算を余らせた部署&県民からの満足がアップした部署に評価をアップするような評価制度にしてはどうなのか。

回答(2017年4月18日回答)

長野県林務部長の山﨑明と申します。
この度の、大北森林組合による補助金の不適正受給の事案は、貴殿をはじめ、県民の皆様の信頼を著しく損ねる行為であり、県民の皆様からいただいた貴重な税金を活用した事業において、このような事態となりましたことに対し、改めてお詫び申し上げます。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、大北森林組合補助金不適正受給事案に関するご意見について、内容が多岐にわたりますので、それぞれの項目ごとにお答えします。また、回答が遅れまして申し訳ありませんでした。

大北森林組合等の補助金不適正受給事案につきましては、平成26年12月に事案を把握し、部局横断で設置した合同調査班により調査を進め、さらに外部有識者による検証委員会により徹底した検証をいただき、平成27年7月に報告をいただいたところです。
検証結果を踏まえ、県としては、法的に最大限可能な補助金返還請求や大北森林組合及び同組合元専務理事の刑事告発、関係した職員に対する懲戒処分など、厳正な対応を行ってまいりました。
また、再発防止に向けては、林務部において平成27年10月に林務部コンプライアンス推進行動計画を策定し、外部有識者による林務部改革推進委員会の意見をいただきながら、再発防止に向けた取組を進めるほか、県庁全体で意識改革、組織風土改革、しごと改革を一体的にコンプライアンス推進に取り組んでいるところです。

【補助金返還】
大北森林組合等の補助金不適正受給における補助金の不適正受給額は、県の指導監督費を含み約16億1百万円となっており、県としては、これまで時効などで返還請求できないものを除き法的に最大限可能な約9億65百万円について、大北森林組合等に補助金返還請求を行ってきました。大北森林組合等もこれを認め、同組合からは平成29年1月末に補助金等返還計画が提出され、県としても、新たな計画に沿った組合の着実な取組や補助金返還の履行について、厳格な進捗管理、指導を行ってまいります。
こうした中で、大北森林組合等に補助金返還請求を行うことができないものについては、関係者への損害賠償を求めるほか、県民サービスの低下につながらないよう、県組織全体で徹底した「しごと改革」を進め、経費の削減を図り、財源を確保する取組を現在進めているところです。

【損害賠償】
関係者への損害賠償請求等については、これまでも弁護士等に相談し、検討を進めてまいりましたが、この事案については、法的に複雑で様々な論点があることから、客観的かつ専門的な立場から法的な課題について検討するため、弁護士等による委員会を設置して検討を加速させてまいります。

【再発防止等】
職員の意識改革等につきましては、平成27年10月に林務部コンプライアンス推進行動計画を策定し、再発防止に向けた取組を進めています。まず、予算の執行につきましては、計画ありきではなく現場実態等を踏まえ、現地要望等に沿った目標設定と適切な予算執行を行っています。
また、補助金交付に当たっては、2人体制での現地調査、施工地毎の写真添付の義務化などにより、厳格に検査を行なっています。さらに、平成28年度後期からコンプライアンスの視点を意識した目標を設定することとし、人事評価の面でもコンプライアンス意識の向上を図る取組を進めているところです。
予算を使う際には、「予算を使い切る」という考え方を払しょくし、効率的な執行や契約差金などにより不要となった予算については不執行とすることを徹底するよう県の「予算執行方針」にも定めているところであり、県の予算が県民の皆様からの税によって賄われていることを自覚し、基本に立ち返って、厳正かつ適正に予算執行を行うように今後も徹底してまいります。
二度とこのような事態を引き起こさないよう、全職員が一丸となって再発防止に取り組んでまいる所存ですので、何とぞご理解を賜りますよう、お願いいたします。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、森林政策課長:福田雄一、担当者までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:林務部森林政策課/電話026-235-7261/メールrinsei(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:農業・林業)(月別:2017年3月)2016001569

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)