ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 県立特別支援学校への通学費について

ここから本文です。

更新日:2017年5月31日

県立特別支援学校への通学費について

ご意見(2017年4月7日受付:Eメール)

子どもが県立特別支援学校に通っています。
私も付き添いのために毎日同行しますが
新幹線の定期代が出ないのはなぜですか。
しなの鉄道で往復しますと子どもは大変体力を使います。
時間もかかり睡眠時間が削られ、せっかく当該学校で専門的な
教育を受けさせていただいているのに、集中することができません。
一部区間では通学費が支給されると伺いました。
新幹線の定期代が支給されないのはなぜですか。
ちなみに現在は往復で相当な時間が通学にかかっており親子ともに疲弊しております。
知事にも掛け合っていただき、ご検討のほどお願いいたします。

回答(2017年4月14日回答)

長野県教育委員会事務局教育次長の角田道夫と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました「特別支援学校への通学費」に関するご意見についてお答えいたします。

ご意見を拝読させていただき、学校より貴殿のお子様の通学の状況を確認させていただく中で、お子様へ専門的な教育を受けさせたいという熱意と、遠方から学校へ通われる大変さや、通学を支援していただいている貴殿のご苦労を改めて認識いたしました。

特別支援学校に就学される場合、保護者の経済的負担軽減を目的とした「特別支援教育就学奨励費」の制度がございます。
その対象となる経費等の取扱いについては国が示しており、入学にあたって学校より説明させていただきましたように、貴殿の通学に係る対象経費につきましても、こうした要件によって現行の対応とさせていただいているところです。大変遠方から時間をかけての通学という事情を考えますと、ご希望通りの経路を対象とすることができず心苦しい限りでございます。
4月から実際に通学を開始されての状況を含め、お子様の様子を学校長よりお聞きする機会をぜひ設けさせていただき、県教育委員会としましては、そうした実情をよくお聞きした上で、様々な仕組み等と照らし合わせて、十分に検討してまいりたいと考えています。

以上、いただいたご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら特別支援教育課長:永原龍一、担当:指導係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局特別支援教育課/指導係/電話026-235-7456/メールtokubetsu-shien(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2017年4月)2017000031

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)