ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 防災ヘリに関わる検討委員会及び御嶽山に関わる施設の建設について

ここから本文です。

更新日:2017年6月30日

防災ヘリに関わる検討委員会及び御嶽山に関わる施設の建設について

ご意見(2017年5月29日受付:Eメール)

次に2件について、精査を願う
1.なぜ、防災ヘリは事故を起こしたのか?職場では何が起きていたのか?退職者続出はなぜ発生したのか?操縦士はなぜ育成出来なかったのか?
これをオープンにし、御遺族にも納得して頂いた上で運航再開を議論すべし。
遺族を蔑ろにして、これまで職場で発生していた劣悪な状態を公表せず、隠蔽体質であった事を認める事。
この隠蔽体質により、多数の人命が犠牲になったことは「大北森林組合」の慣れ合いの関係及び隠蔽体質より酷い。
運航体制の見直しを行い、常に操縦士2名制による機体の運用等、埼玉県岐阜県など事故を起こした自治体の運用状態を調査し、更に安全に特化した体制の整備が必要である。
安全管理上、以前と同じ運用が出来なくなるのは他県を参考にしても仕方ない事である。

2.御嶽山の慰霊碑建立は税金を投入しても仕方ない事と考える。
しかし、「ミュージアムの建設?」等と言う話は納得出来ない。
ある遺族が「活火山と分かっていれば登らなかった」と話していた。
言語道断である。
そもそも登山は自己責任で登っているのに、「活火山と分かっていれば・・・」とは何事か?
全く無責任この上ない話しである。
自衛隊がいつ噴火を起こすか分からない状況下で必死の救助活動をしていた光景を忘れる事は出来ない。
防災ヘリもこのような身勝手な登山者が居るので、無理な運航・訓練をせざるを得なかったのではないか?
勝手に県外から登山に来て、県や市町村の責任だから、税金でミュージアムを作れ・・・・とは何事ぞ。
県民・町民にとり「負の遺産」になる事は明確である。
遺族会でNPOでも設立し、自前で建設すべし。
無謀登山者に我々の税金を投入する事には断固反対する。

*なぜ県・市町村は「火山性微動が増えていたのに規制を強化しなかったのか?」への話題になるが、結論は簡単。「紅葉・観光シーズン真っ只中で、規制による地元への打撃が甚大なものになるから」に尽きる。
観光県をうたう長野県ならではの問題である。

回答(2017年6月5日回答)

長野県危機管理部長の池田秀幸と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいたご質問にお答えします。

まず、消防防災航空センターの職場環境に関するお問い合わせにつきましては、前回ご回答しましたとおりでございまして、風通しのよい職場環境づくりのための取組は、今後の消防防災航空体制再建の検討にあたって重視すべき点と認識しております。

次に、御嶽山に関わる施設の建設に関するお問い合わせもいただきました。
県においては、平成28年6月に、「長野県の火山防災のあり方検討会」を設置し、長野県内4火山(浅間山、焼岳、乗鞍岳、御嶽山)において、火山と共生する上で必要な啓発の方向性及びその具体化のための方策、登山者等への火山防災の啓発のあり方等について、検討を行ってきました。
平成29年2月には、その報告書がとりまとめられ、「火山防災のための情報発信を行う施設として、ビジターセンターの活用が有効である」旨が盛り込まれました。
この報告書等を踏まえ、地元町村では、ビジターセンター等の整備を行っていく意向と伺っております。
県といたしましては、地元町村での整備の意向を踏まえ、ビジターセンターが火山防災のための情報発信に十分な効果を発揮できるように、必要な支援を行ってまいりたいと考えております。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、消防防災航空センターに関しましては、消防課長:花岡徹、担当:総務係まで、御嶽山に関わる施設の建設に関しましては、危機管理防災課長:高見沢靖、担当:防災係まで、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:危機管理部消防課/総務係/電話026-235-7407/メールshobo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:危機管理部危機管理防災課/防災係/電話026-235-7184/メールbosai(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2017年5月)2017000206

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)