ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > JR東海のA残土処分予定地での移植作用についてJR東海に注意をお願いしたいことについて

ここから本文です。

更新日:2017年6月30日

JR東海のA残土処分予定地での移植作用についてJR東海に注意をお願いしたいことについて

ご意見(2017年5月23日受付:Eメール)

はじめまして。県知事様には御多忙中のところですが、これより申し上げることをぜひ真摯にお受け止めくださいますようお願い申し上げます。

4月のことでした。リニア新幹線のBトンネルC斜坑口から出される残土を置く予定地の山林内でJR東海が希少植物の移植作業を行いました。この事実はJR東海も認めており、県の環境政策課、林務課も認識があるはずです。

「長野県環境影響評価技術指針マニュアル【平成28年1月13日時点】」の第2章の各論の「11.植物」には、「移植は他の手法を採用できない場合にやむを得ず実施する代償による環境保全措置であり、安易に移植に頼らないよう配慮する」と書かれております。また環境影響評価法の第1条は「事業に係る環境の保全について適正な配慮がなされることを確保」するように、また第3条では、「国、地方公共団体、事業者及び国民は・・・環境の保全についての配慮が適正になされるようにそれぞれの立場で努めなければならない」とされております。

A予定地は水源涵養保安林です。残土の埋めて工事を行うには保安林指定解除が必要です。しかし、その時点においてJR東海は保安林指定解除の申請をしていませんでした。したがってその時点では本当に残土を置くことができるか確定していなかったわけです。わたしたち一般県民としてみれば、不確実性の高い移植作業は、残土置場としての使用が確実に確定した時期以降に行われるべきものと思います。

県からのJR東海に対する指導は、わたしたちが確認できたものとしては、確かなものとしては、保安林内の作業について許可がいる案件か否か事前に相談がなされなかった点についてのことだけであって、環境政策課から環境保全の観点からJR東海に明確な指導なり注意なりが行われたか否か、環境政策課の説明では納得いくものがありませんでした。

私たちはJR東海の移植作業は環境保全という点からみてきわめて不当、不適切なものと思います。環境政策課には抗議がかなり来ているとのことです。県知事様には、5月26日にJR東海の柘植社長と会談されるご予定と聞いておりますが、この件についてもJR東海に対して明確に注意していただきたいと思います。是非ともお願いいたします。

回答(2017年5月30日回答)

長野県環境部長の関昇一郎、長野県建設部リニア整備推進局長の水間武樹と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきましたJR東海のA発生土置き場での移植作業に関するご意見についてお答えいたします。

A発生土置き場において、JR東海が希少植物の移植作業を実施していたことについて、環境保全の観点から、ご懸念・ご心配を抱いていらっしゃると受け止めさせていただきました。

JR東海が実施した今回の移植作業については、環境影響評価法上、違法性のある行為ではありませんが、環境への負荷をできる限り低減させる観点から、その時期は慎重に検討する必要があると考えます。
このため、県では、これまでJR東海に対し、環境影響評価法の趣旨を踏まえ、事業者として環境への配慮を適切に実施するとともに、作業工程や内容等について住民に丁寧な説明を行うよう求めてまいりました。

また、いただいたご意見にもありましたように、5月26日のJR東海の柘植社長との懇談におきましても、知事から本件を具体例として挙げた上で、環境負荷の低減対策も含め、地元自治体等とも常に情報を共有するとともに、住民に誤解を与えることのないよう、より一層丁寧な説明を行うよう強く求めたところであります。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、環境保全に関する内容につきましては、環境政策課長:鈴木英昭、担当:環境審査係まで、工事に関する内容につきましては、リニア整備推進局次長:遠山明、担当者までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

なお、本件について、WEBサイトを通じて中島副知事あてのメールもいただいておりますが、本回答は当該メールへの回答も兼ねさせていただくことをご了承願います。

【問合せ先:環境部環境政策課環境審査係電話026-235-7163メールkankyo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:建設部リニア整備推進局電話026-235-7016メールlinear-kyoku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:交通)(月別:2017年5月)2017000192

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)