ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 自動車税の課税保留について

ここから本文です。

更新日:2017年6月30日

自動車税の課税保留について

ご意見(2017年5月10日受付:Eメール)

≪今年の4月1日から制度が変わって、新規登録から6年経過で、平成27年3月31日以前に車検が満了した車両が課税保留対象になった。≫との事ですが、対象の車両所有者への事前通知などはありませんでした。制度が変わったのなら公表するべきなのではありませんか?秘密裏に制度を運用するのは、県民を馬鹿にしているとしか思えません。

回答(2017年5月15日回答)

長野県総務部長の小林透と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました自動車税の課税保留に関するご意見について、お答えいたします。

このたびの自動車税の課税保留に関する事前周知等の対応につきまして、貴殿に大変なご不快を与え、また、納税に関し多大なご不便をおかけしましたこと、まずもって、お詫び申し上げます。
納税者の皆様への配慮に欠ける対応につきまして、私ども一同、深く反省しております。

自動車税の課税保留の事務取扱いにつきましては、従来から盗難被害や自動車の所在がわからなくなった場合など、申し出をいただいた上で自動車税の課税を一時的に保留するという取扱いをしております。
また、今年度からは、車検が切れている自動車は、現実的に道路を走行できないことや、経年劣化に伴い年々自動車の財産的価値が減少していく点に着目し、従来の事務取扱いに加え、新車登録から相当の年数が経過し、かつ、車検が更新されていない自動車についても、一時的に課税を保留する取扱いを加えたところです。

新たに課税保留の対象となった方に対し、取扱いの変更につきまして積極的な広報を行わなかったことから、結果として、ご不便をお掛けすることになってしまい、改めてお詫び申し上げます。

貴殿からご指摘いただきましたとおり、課税保留制度につきましては県民の皆様へは早急にお知らせする必要があるため、県の公式ホームページへの掲載を税務課長へ指示したところ、早速、対応した旨の報告がございました。
また、今後も制度の適正な運用を行うよう各県税事務所へ指示をいたしました。
これらの点につきましては、何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、税務課長:荻原浩文、担当:自動車税係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:総務部税務課/自動車税係/電話026-235-7051/メールzeimu(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2017年5月)2017000143

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)