ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 諏訪湖について

ここから本文です。

更新日:2017年8月31日

諏訪湖について

ご意見(2017年7月18日受付:Eメール)

長野県公式ホームページに行こうとすると、あるインターネットセキュリティソフトが「危険なサイト」という警告を出し、無理に接続すると「安全な接続ではありません」と出てサイトに接続しないようにかなり強い措置をとるのですがこれは一体何ですか?
かなり前から気づいていましたがなぜ対策を講じないのでしょうか?当該ソフトがこんなに強い警告を出されるサイトは見たことがありません。
詳細を見ると「www.pref.nagano.lg.jpは不正なセキュリティ証明書を使用しています。」とのことです。

諏訪湖に関する部署にご転送ください。
それから先日も意見を送りましたが、諏訪湖は昨年のワカサギ大量死で、自然再生のサイクルを失った死の湖になったことが明らかになりました。
今日のアメーバの件もそうでしょうが、10数年前にヒシが大量発生し始めた時、なんらかの変化が起き今までとは違う動きが湖底で起きていたことは明らかであるにも関わらず、県はヒシの繁殖という大きな変化を大ごととは捉えず、某教授の言う「ヒシがアオコの発生を抑えている」という説を一方的に盲信し、ヒシの完全駆除を行わず、敢えてその相当数を残すという失策を10年以上続けた。
その結果の堆積が今の手の施しようのない状態にまで湖底の状況を悪化させてしまったのです。
検討会に招いた外部の先生からもヒシを敢えて残すことに意味も根拠もないという指摘を受けていながら、まだ某教授の言うことに逆らえずにヒシの完全駆除に方針転換できない、このままだと今でも手遅れに近いと思いますが、諏訪湖が富栄養化する以前の姿に戻るのは不可能でしょう。
まず、全精力を投入してヒシを全て除去してください。それは諏訪湖を10数年前の状態まで戻すということです。
間違いを犯してその後の状況が悪化した場合、その時点まで戻してそこからやり直すのが上策ではないでしょうか?今はそれをやる時です。
某教授の長年に渡る私見を反映させた県の施策は失敗だったと認めるべきだと思います。
何かのニュースで今年度の諏訪湖への対策費が2億円とか?あまりにも馬鹿にしていると思いました。
とりあえず、今できることはヒシの大繁殖以降の失策を認め、まずはヒシを全量刈り取ることです。よろしくお願いします。

回答(2017年7月25日回答)

長野県企画振興部長の小岩正貴、環境部長の関昇一郎と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきましたご要望・ご提案についてお答えいたします。
この度は長野県公式ホームページのご利用に際し、ご不便をおかけし大変申し訳ございませんでした。また、諏訪湖で課題となっているヒシの大量繁茂の対策について貴重なご提案をいただきありがとうございます。

はじめに、長野県公式ホームページに関するご要望についてお答えいたします。
「長野県公式ホームページに行こうとすると、インターネットセキュリティソフトが「危険なサイト」という警告を出し、無理に接続をすると「安全な接続ではありません」と表示されること」につきましては、平成29年7月に当該ソフトのセキュリティで問題があるとされるページを削除する対応を行いました。
ご連絡いただきました平成29年7月時点で、当該ソフトのセキュリティで問題があると表示されたのであれば、タイムラグの問題ではないかと考えられますので、しばらく経っても解決されない場合は、お手数ですが再度お問い合わせくださいますようお願いいたします。
また、「www.pref.nagano.lg.jpは不正なセキュリティ証明書を使用しています」と表示されることにつきましては、当該ソフトのセキュリティとは別の原因があると思われます。現在、長野県では「地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)」が発行する証明書を使用してSSL通信を行っており、安全にご利用いただけますが、お使いのブラウザによっては今回のような表示が出てしまう可能性がございます。その際の対応としましては、お手数ですが次のいずれかの方法をお試しください。
■違うブラウザで閲覧
現在、使用しているブラウザとは異なるブラウザ(InternetExplorer等)でのアクセスをお試しください。
■LGPKIアプリケーション認証局(第三世代)証明書の手動インストール
「地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)」の下記のページから必要な証明書の手動インストールをお願いいたします。
URL:http://www.lgpki.jp/unei/APCAG3_CACertInst.htm
(参考)地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)URL:http://www.lgpki.jp/
■SSL通信をせずに長野県公式ホームページへアクセス
検索サイトで長野県公式ホームページを検索するとURLの最初が「https~」と表示されている場合があります。「s」を削除し、「http~」でのアクセスをお試しください。
(参考)長野県公式ホームページURL:http://www.pref.nagano.lg.jp/
これによっても解決されない場合は、お手数ですが再度お問い合わせくださいますようお願いいたします。

次に、諏訪湖のヒシの駆除に関するご提案についてお答えいたします。
諏訪湖のヒシの大量繁茂への対策として、県では水草刈取船による刈取りや発芽直後のヒシ種子の除去を行っています。また、行政と民間が協働して諏訪湖の環境改善に取り組むことを目的に設立した諏訪湖環境改善行動会議では、手作業による浅瀬のヒシの抜き取りを行っているところです。
このような取組の結果、ヒシの繁茂面積は徐々に減少する傾向にあり、平成28年のヒシの繁茂面積は湖全体の約12%と過去10年間で最少となっております。
ヒシはご意見のとおり、枯れた後に湖底に沈むことによる底質の悪化、過密化による沿岸域の貧酸素化などのマイナス面の影響がある一方、栄養塩類の吸収による水質浄化、野鳥の営巣場所や水生昆虫の産卵場所に利用されるなどのプラス面もあります。
このため、ご提案のようなヒシを全て除去すべきという意見や生態系への影響を考慮してある程度は残すべきといった様々な意見をいただいております。
県では今年度、諏訪湖の10年後、20年後のあるべき姿を示し、その実現に向けて具体的な取組を盛り込んだ「諏訪湖創生ビジョン」を検討・策定することとしており、ヒシの大量繁茂への対応などについても検討することとしております。
諏訪湖創生ビジョンの策定にあたっては、地域の皆さまや有識者の方々から広くご意見をいただきながら、諏訪湖のあるべき姿や環境改善へ向けた対策等を検討し、実効性のあるビジョンの策定につなげていきたいと考えておりますので、今後ともご理解とご協力をお願いいたします。

以上、ご要望及びご提案への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら長野県公式ホームページに関することは、企画振興部広報県民課長:小野沢弘夫、担当:広報係まで、諏訪湖に関することは、環境部水大気環境課長:中山哲徳、担当:水質保全係までご連絡くださいますようお願いいたします。

【問合せ先:環境部水大気環境課/水質保全係/電話026-235-7162/メールmizutaiki(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】
【問合せ先:企画振興部広報県民課/広報係/電話026-235-7054/メールkoho(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:くらし・生活環境)(月別:2017年7月)2017000358

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)