ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 学校の休暇について

ここから本文です。

更新日:2017年9月30日

学校の休暇について

ご意見(2017年8月23日受付:Eメール)

なぜ夏休み、冬休みが短いのですか?一般人でもわかりやすい様に端的に教えてください

回答(2017年8月28日回答)

長野県教育委員会事務局教育次長の角田道夫と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、夏休み、冬休みに関するご質問についてお答えします。

この度はご質問をいただき、ありがとうございます。
ご指摘いただきましたように、長野県内の公立学校の夏休み、冬休みの期間は全国的に見て短いのが現状です。要因といたしましては、小・中学校においては、登山、キャンプ、スキー、スケート教室など、自然や地域の特色を生かした体験的な活動や、児童会や生徒会、音楽会、運動会など、児童生徒が主体的に活躍できる活動を大切にしていることから、それらに要する日数や、その準備・練習に充てる時間を多く確保しているからではないかと考えています。また、高等学校においては、学校祭や修学旅行、クラスマッチなどの行事に充てていることが要因ではないかと考えます。

夏休み、冬休み等の長期休業の期間につきましては、市町村立の小・中学校については市町村教育委員会が、県立高等学校については各学校長が定めることとされています。市町村教育委員会や県立高等学校では、児童生徒の成長、発達にとって何が必要かを考え、年間の授業時数や行事計画等に係る日数を確保できるように、夏休みや冬休み等の休業日を決定しています。
長野県においても近年、夏の猛暑等の理由から、夏休み期間をより長く計画している傾向があると承知しています。

県教育委員会としましては、子どもたちが学校で過ごす時間と家庭や地域で過ごす時間が共に充実したものとなり、生き生きとした生活を送り成長できるよう、全国の登校日数等の情報を市町村教育委員会や高等学校と共有しながら、望ましいあり方について共に考えてまいりたいと思います。

以上、いただきましたご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、教学指導課長:北澤嘉孝、担当:義務教育指導係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局教学指導課/義務教育指導係/電話026-235-7434/メールkyogaku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2017年8月)2017000464

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)