ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 朝鮮学校への補助金の拠出について

ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

朝鮮学校への補助金の拠出について

ご意見(2017年9月4日受付:Eメール)

長野県ご担当者様
日頃の業務ご苦労様です。

長野県に住む一県民です。

長野県が県下の朝鮮学校に対し補助金を拠出しているとの事ですが、これは本当のことでしょうか?
もしそうならば即刻中止をお願い致します。
先日は北朝鮮が日本を狙って発射したミサイルにより、長野県下でもJアラートが鳴り響き多くの県民が恐怖に貶められました。
そのような国家の影響下にある朝鮮学校に県民・国民の税金を投入するなど、到底許されるものではありません。
文部科学大臣からの通達(27文科際第171号)に、政府見解として、朝鮮学校は北朝鮮と密接な関係がある朝鮮総連の影響下にあるとはっきり述べられています。
そのような朝鮮学校に補助金を拠出するということは、北朝鮮を利する事に他なりません。
「子どもは関係無い」という意見もあるかもしれません。
であるのならなぜ日本人が、日本の子どもたちが、北朝鮮の核ミサイルに怯え続けなければならないのか、そしてその北朝鮮に対し長野県が手を貸している、と思われても仕方がないことを実施していることについて、県の見解を伺いたいと思います。
また、朝鮮学校に対し補助金を拠出している事実があるのならば、補助金の額や実績、補助決定に至る調査方法の詳細について県民に広く公開し、意見を求めるべきです。
上記の通達でも「透明性のある執行」「住民への情報提供の適切な実施」が求められております。

長野県として朝鮮学校への補助金の拠出事実がないのであれば、今後とも補助金の拠出を行うことの無いようお願いします。

なお、県下の各市町村として松本市、上田市、大町市が朝鮮学校に補助金を拠出しているとの情報もあります。
県として適切な指導をお願い致します。

以上、よろしくお願いいたします。

回答(2017年9月11日回答)

長野県県民文化部長の青木弘と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、朝鮮学校に対する補助金に関するご意見について、私からお答えさせていただきます。
本県では、外国籍の児童生徒に対する教育を行っている外国人学校については、私立外国人学校補助金交付要綱を設け、補助を行っており、現在、長野朝鮮初中級学校がこの補助金の交付対象となっております。

貴殿のご指摘のとおり、平成28年3月29日付けで文部科学大臣から長野県知事あてに「朝鮮学校に係る補助金交付に関する留意点について」通知がありました。
県といたしましては、昨年10月に朝鮮語を解する職員を同行させ、現地調査をするなどの検討を重ねてまいりましたが、文部科学大臣通知で指摘された朝鮮総聯からの学校運営や人事・財政に対する影響は確認されなかったこと、また、実際に学校で学んでいる子ども達への影響も十分配慮した上で、長野朝鮮初中級学校に対する平成28年度の補助金の執行を決定したところです。

なお、長野朝鮮初中級学校を含め、学校個別の補助金交付状況等については、現在公表しておりません。同校に対する補助金につきましては、今年度も予算計上しておりますが、県の予算が県民の皆様からの税により賄われていることを自覚し、本年度も朝鮮語を解する職員を同行した現地調査等を行った上で、適正な執行を確保してまいります。
また、松本市等が支出している補助金につきましては、各市の判断と責任において、執行されているものと認識しております。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、私学・高等教育課長:青木淳、担当:私学係までご連絡くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

【問合せ先:県民文化部私学・高等教育課/私学係/電話026-235-7058/メールshigaku-koto(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2017年9月)2017000505

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)