ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 松本地域振興局の対応の不手際について

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

松本地域振興局の対応の不手際について

ご意見(2017年10月23日受付:Eメール)

過日、松本地域振興局を訪れた際、帰り際に受付の女性に”ありがとうございました”と礼を述べたところ、”ご苦労様”と返事をされた。これは目上の者が目下のものに呈する態度であり、納税者たる県民に対する態度ではないと思慮する。この件に関し人事責任者に電話したところ、A職員は、外注しているうんぬんと言い訳を始めたが私はそんなことは関係ないと言いました。また、入り口に”守衛”という表記があったため時代錯誤ではと指摘しました。即答はいただけなかったため、後日問い合わせたころ、B職員が対応し私の意見を”苦情”と表現しました。民間なら”貴重な意見”と表現して然るべきです。県職それも人事責任者の社会感覚及び彼らに対する教育はどうなっているのか大いに疑問に感じました。これに対する長野県知事のご見解をネット上及び”広告”という形で松本地域振興局入り口に掲示いただきたくお願い申し上げます。

回答(2017年10月30日回答)

長野県松本地域振興局長の吉川篤明、企画振興部長の小岩正貴と申します。
県民ホットラインにお寄せいただいた松本地域振興局に関するご意見について、県知事の見解とありましたが、県民ホットライン制度では、担当する部局長から回答することとしておりますので、私共からお答えします。

この度は、松本地域振興局が行う受付業務について、貴重なご意見をいただきありがとうございました。
また、貴重なご意見をいただいたにも関わらず、職員の電話対応の不手際により、ご不快の念を抱かせてしまいましたことを、まずもってお詫び申し上げます。

職員の電話対応については、日頃から、丁寧な言葉使いや相手が不快な思いをすることのないよう、職員に指導をしているところではありますが、ご指摘いただいたような事態が生じたことについて、重ねてお詫び申し上げます。
職員に対しては、適切な対応をするよう引き続き指導を徹底するとともに、研修等の場を通じて、接遇の向上に一層努めてまいります。

また、合同庁舎の受付は、県民の皆様がお越しいただく際に最も身近な存在となります。
今後は、お越しいただく皆様に対して適切なあいさつ・ご案内ができるように努めてまいります。


最後に、県民ホットラインにお寄せいただいたご意見及び県からの回答については、県の公式ホームページで定期的に公表しております。
なお、本件については、11月下旬に公表を予定しておりますので、ご承知願います。


以上、ご意見に対する回答とさせていただきますが、ご不明な点等がございましたら、松本地域振興局に関することについては、松本地域振興局総務管理課長:神事正實、担当:総務係、県民ホットライン制度に関することについては、企画振興部広報県民課長:小野沢弘夫、担当:県民の声係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。


【問合せ先:松本地域振興局総務管理課/総務係/電話0263-40-1955/メールmatsuchi-somu(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:企画振興部広報県民課/県民の声係/電話026-235-7110/メールkoho(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2017年10月)2017000680

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)