ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 長野県防災ヘリの運航再開について

ここから本文です。

更新日:2017年12月28日

長野県防災ヘリの運航再開について

ご意見(2017年11月17日受付:Eメール)

長野県防災ヘリの運航再開について
運航再開に向けた準備、ご苦労様です。
様々な方面から意見があると思います。
1機長時間1000時間以上
2運航する機種の飛行時間200時間以上
32人操縦士制の場合、副操縦士は、運航する機種の資格を有すること
4副操縦士を含む操縦士には、定期的な緊急処置訓練が実施されていること
この4つについては、安全対策として必ず必要と考えます。
委託する会社は、資格とりたての操縦士を派遣するかもしれません。
200時間は、資格取得に20~30時間、当該機種での運航経験1年間程度の飛行時間に170~180時間です。
安全な運航再開に期待しています。
よろしくお願いします。

回答(2017年11月27日回答)

長野県危機管理部長の池田秀幸と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた「消防防災ヘリコプターの運航再開」に関するご意見について、お答えいたします。

消防防災ヘリコプターの運航再開にあたり、貴重なご提言をいただきありがとうございます。

ヘリコプター操縦士の要件につきましては、県、市町村、消防本部で構成する「消防防災航空体制のあり方検討会」や「作業部会」において、全国的な操縦士の状況等も踏まえつつ検討が行われているところです。
今後、いただいたご提言や上記の会議で出た意見、他の自治体の状況等も参考としながら、安全運航を第一として、操縦士の搭乗要件等を決定してまいります。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、消防課長:花岡徹、担当:消防係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:危機管理部消防課/消防係/電話026-235-7182/メールshobo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

 

(分野別:その他)(月別:2017年11月)2017000757

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)