ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 不適正行為等報告の不正事務処理について

ここから本文です。

更新日:2017年12月28日

不適正行為等報告の不正事務処理について

ご意見(2017年11月8日受付:Eメール)

昨日、県民ホットラインから森林政策課からの問い合わせ行為を止めていだくようお願いしましたが、またありました。どういうことですか?

ところで、森林政策課の職員が送ってきたFAXを見ると、「平成28年10月26日不適正行為等報告書でご報告いただきました内容について、再度、調査・確認をしたいと考えております。」と記載されています。

しかし、不適正行為等報告の制度では、報告者に書面で調査結果を報告することになってるにもかかわらず、一度も報告書をいただいていません。

1年間もの間、何もしないで放置していたのではありませんか?「再度」ではないでしょう?初めて調査するんじゃないですか?ふざけたことを言うんじゃないですよ!「再度」と言うのであれば、一度目の報告書を送ってください。

こうした制度を無視した林務部の不正行為を公表することを求めます。

回答(2017年11月9日回答)

長野県林務部長の山崎明と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、不適正行為等報告の事務処理に関するご意見についてお答えします。

平成28年10月26日付けで貴殿からいただきました不適正行為等報告書(以下「報告書」という。)に対しまして、対応結果を不適正行為等調査結果通知書(以下「調査結果通知書」という。)で通知することなく、当時の森林政策課職員からの電話による回答のみであったことは、貴殿御指摘のとおり、「不適正な行為等に対する林務部内の事務取扱要綱」の規定に合致したものではなく、お詫び申し上げます。

当時の調査を確認したところ、御報告いただきました不適正行為につきましては、平成27年1月以降、貴殿から数回にわたり御指摘をいただいていた内容であり、平成28年2月、発言者等に確認・調査を行い、その調査結果を平成28年2月に当時の森林政策課職員から御説明させていただいておりました。「報告書」の内容が同様の問題であったことから、口頭で調査済みである旨回答させていただいたものです。

なお、この報告制度は、林務部職員を対象とした制度でありますので、林務部職員ではない貴殿に改めて調査結果通知書により通知を行うことはできないことを御理解願います。

また、今回録音データの所在を確認しているところですが、この録音データをお持ちでしたら御提供いただきたく、御協力をお願い申し上げます。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、森林政策課長:福田雄一、担当者までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:林務部森林政策課/電話026-235-7262メールrinsei(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

 

分野別:(農業・林業)(月別:2017年11月)2017000726

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)