ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 手話通訳業務嘱託員の採用募集について

ここから本文です。

更新日:2018年2月28日

手話通訳業務嘱託員の採用募集について

ご意見(2018年1月31日受付:Eメール)

例年12月ごろには、手話通訳業務嘱託員の採用募集が出ているのですが、今年はそれが見当たりません。
採用の空きがないということならばいいのですが、もしや採用する条件の変更で募集が遅れているということはないかと、心配です。

手話通訳業務嘱託員は、手話言語条例を全国で4番目に成立させた長野県の行政サービスをろう者に的確に伝える貴重な存在です。
手話通訳業務嘱託員の採用条件が良くなるのであればいいのですが、業務時間の短縮や給与を下げるというようなことはないものと信じております。

手話通訳は、誰でも簡単にできる業務ではなく、専門性の高い業務であり、特に災害時ではいつでもどこでも来ていただけるとろう者にとって安心です。

県職員と一緒に活動しておられる手話通訳業務嘱託員の勤務条件のさらなる充実をお願いします。

回答(2018年2月7日回答)

長野県健康福祉部長の山本英紀と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました「手話通訳業務嘱託員」に関するご意見について、お答えいたします。

このたびは、手話通訳業務嘱託員の設置に関して、貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。

県の手話通訳業務嘱託員は、手話を必要とする聴覚障がい者の方と県とが円滑な意思疎通を行う環境を整備することを目的として、昭和63年に県庁での設置をはじめ、現在は各圏域に1名の計10名を配置しており、来庁時や県主催の会議やイベントなどの行事において手話通訳を行い、聴覚障がい者の方へのコミュニケーション支援や県民の方への手話の普及の業務を担っております。

音声による情報を得ることができない聴覚障がい者の皆様とのコミュニケーションに手話通訳は必須であり、その重要性に鑑みて嘱託員を配置したところであります。

県としましては、手話通訳を必要とされる聴覚障がい者の皆様が、県の窓口等において、担当者と十分な意思疎通を図り、的確な情報をお伝えするため、引き続き、嘱託員の適正な配置に努めてまいります。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら障がい者支援課長:守屋正造、担当:在宅支援係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:健康福祉部障がい者支援課/在宅支援係/電話026-235-7104/メールshogai-shien(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2018年1月)2017001017

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)