ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 特別支援学校について

ここから本文です。

更新日:2018年2月28日

特別支援学校について

ご意見(2018年1月22日受付:Eメール)

1.A教諭は、窓口担当をしている男子児童に対し生活指導で怒鳴ることが多々ありますが、それを指摘すると「だってわかっているのに言った通りにしないから。」と言って反省の色もありません。男子児童の知的発達段階として、A教諭の言葉掛けでは理解は難しいと思われます。
また、A教諭は夏頃、同じ男子児童に対し体罰と思われる行為をしていたようですが、それが夏頃に1~2週間程度続いていたと思います。これらは体罰ではないでしょうか。

2.B講師は、昨年度、重要書類を紛失していますが、それに対する処分は行われたのでしょうか。この事案は県へ報告が行っているのでしょうか。
また、B講師は今年度、担当している生徒の事故が複数回起きていますが、それについての処分もないのでしょうか。

3.校長、教頭をはじめ、管理職が現場を変えていく力がありません。不祥事や児童生徒の支援について、口頭での注意喚起などは頻繁にされますが、管理職が直接授業の様子を見て具体的な支援のアドバイスや指導の改善などを行うことはほとんどありません。自主研修と言う名の教員研修ばかりが行われ、本当の意味で教員の力をつけたり、現在の指導・支援の課題をどう変えていくかを考えようとはしていないのではないでしょうか。
特別支援教育のことをよく理解し、真から児童生徒の姿から学ぶことを全体に周知し、実際に授業を見て改善ができる管理職を配置してください。

4.当該特別支援学校は全体的に教員の力量がありません。特別支援学校を名乗るにはあまりに専門性のない教諭、講師が多すぎます。
小学校や中学校で学級崩壊を起こしたり、鬱病などの精神疾患にかかって通常校にはいられない教諭や講師を特別支援学校に送り込むのはやめてください。本当に特別支援教育を志し研鑽を重ねている教員の意見が受け入れられない環境はあまりに酷です。特別支援学校を札付き教員の島流し先にしないでください。

公務員答弁は結構です。具体的な対応を願います。

回答

※本件については、差出人の連絡先等の記載がなく、差出人に回答を行なえない案件ですが、見解をお示しする必要があると判断したため、対応等の状況を以下のとおり記載します。

(対応等)
教育委員会の対応等は以下のとおり。

長野県教育委員会事務局教育次長の角田道夫と申します。
この度は、特別支援学校教員の指導力等について、具体的な事例を基に問題点を率直にご指摘いただきありがとうございました。
「県民ホットライン」にお寄せいただいたご意見について、以下のとおり項目ごとにその対応状況等を報告いたします。

○項目1について
ご指摘いただいた2名の教員については、児童生徒への指導の状況を調査した結果、体罰あるいは重大な過失に該当しないと判断しました。
しかしながら、障がいのある児童生徒への指導としては不適切、不十分な点があり、当該教員に対し早急に指導内容を改善するよう指導しました。

○項目2について
昨年度、重要書類を紛失した件については、県教育委員会に必要な報告があり、具体的な対応として、関係者への謝罪・説明を行うとともに、当該教員に対する指導を実施しました。

○項目3について
県教育委員会として、ご指摘のあった状況を重く受け止め、学校長に対し、当該教員に対する指導はもとより、学校全体の教職員の資質向上に向け、日常の授業等の状況を把握し、その指導内容等について具体的な指導等を行うこと、学校自己評価をはじめ、教職員同士が指導のあり方等について意見交換する機会を積極的に設け、改善に活かすよう指導しました。
また、実際に当該校へ特別支援教育課の教育幹を派遣し、こうした改善状況を把握するとともに、今後も継続した改善指導等の対応を行ってまいります。

○項目4について
特別支援学校の教員の専門性向上については、当該校のみならず、すべての特別支援学校に共通する課題であり、早急に対応していく必要があります。具体的には外部専門家の活用、学校評価の活用、全国の取組を参考とした指導方法等、特別支援学校教職員の専門性の向上のための方策について、今年度中を目途に制度設計し推進していきます。

県教育委員会としては、特別支援学校における児童生徒の障がいの状態や発達段階に応じて、主体的に持てる力を発揮できるよう指導することや、児童生徒の安全と健康を守ることは極めて重要なことであり、すべての教員が身につけるべき基本的な資質・能力であると考えており、今後とも教員の資質向上に努めてまいります。

以上ご意見に対する報告とさせていただきますが、ご不明な点等がございましたら、特別支援教育課長:永原龍一、担当:指導係までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局/特別支援教育課/指導係/電話026-235-7456/メールtokubetsu-shien(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2018年1月)2017000964

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)