ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 県営住宅家賃に関する減免申請等について

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

県営住宅家賃に関する減免申請等について

ご意見(2018年2月16日受付:Eメール)

※同一差出人の同一案件に対する御意見のため一括記載

【2月16日受付】

「2018年度の県営住宅家賃に関する減免申請について(通知)」に関しては、提出期限の延長を申請する。

前回申請したように、ベランダ側窓および網戸の戸車修繕および新たに発見した居間と廊下の間の引き戸戸車修繕につき見積りを行い業者に修理を依頼願いたい。

10年以上も経過すれば、戸車が破損するのは当然であり、それを、入居者負担とする事は許されない。

建設事務所職員Aに伝えたように、廊下の工事は手抜きであるから、業者を厳しく指導願いたい。

県営住宅家賃等(敷金)減免(徴収猶予)申請書ほか関連資料については、郵送ではなく、管理人経由で、管轄建設事務所長に提出できるようにして頂きたい。

なお、管理人報酬の問題については、年末に住民監査請求を行う予定でいる。お前たちのいい加減な事務は、許さない。

当方が公営住宅室に郵送したはがきには、建設事務所職員Bと市町村職員とが共同して、当方の居室に立ち入り、室内整理をお願いした。しかし、これは、建設事務所職員Bの怠慢の結果、実行されておらず、当方が帰還後も、その事実について、なんらの報告もない。

その上で、お前たちは、「2018年度の県営住宅家賃に関する減免申請について(通知)」を送付してきたのであって、県民を愚弄する事許せない。

謝罪して頂く。

【2月19日受付】

この県営団地の建築年月から数十年が経過し、当方が入居してからは、4年が経過している。

その間に、ベランダ側窓および網戸および玄関廊下と居間との間など全てのドアその他が経年劣化している事は明白である。

至急、実態調査を行い、修繕費で、全居室の改善を要求する。

なお、各居室に備えられた換気扇についても、寿命が来ており、発火の可能性がある。

使用中に火災が発生すれば、お前たちの責任になる。至急対処しろ!

公営住宅は、生活困窮者のために国庫と地方公共団体が折半で建築したものであり、生活困窮者に、上記の修繕を強いる事は許されない。

阿部守一と油井均の明解な答弁と対処を要求する

回答(2018年2月23日回答)

長野県建設部長の油井均と申します。
県民ホットラインにお寄せいただきました、県営住宅の家賃の減免申請期限の延長など2件のご要望についてお答えいたします。

はじめに、県営住宅家賃の減免申請につきましては、申請書に添付いただきます減免を受けようとする理由を証する書類の準備期間などを考慮しまして、管轄建設事務所から通知しましたとおりの提出期限としたところです。貴殿からお申し出のあった間につきましては、同所からの通知以前のことでありますので、申請書は期日までに提出いただきますようお願い申し上げます。
なお、提出方法につきましては、管理人を通じて提出いただくことは可能です。この場合、個人情報保護の観点から申請書及び添付書類を封筒などに厳封の上、ご提出をお願いいたします。

次に、お申し出のありました戸車、ドアや換気扇の修繕に関しましては、状況を業者の点検により確認したいと考えています。追って、管轄建設事務所職員から点検の日時等についてご連絡を差し上げます。
なお、修繕に関しましては、県営住宅等に関する条例(昭和35年10月13日条例第33号)第16条第4号及び県営住宅等の管理に関する取扱要領第23で費用負担について定め、具体的な内容は入居時にお渡ししている県営住宅入居者のしおりでお示ししているところです。
点検の結果により修繕が必要なものは、県営住宅入居者のしおり等により対応してまいりますのでご理解いただきますようお願い申し上げます。
【県営住宅入居者のしおり(抜粋)】
ア入居者が行う修繕等
(イ)建具
網戸・敷居レール・戸車の修理又は取替え(ただし鋼製建具の戸車取替えを除く)、戸締金物・ドアの引手・錠前・かぎ類及びその他の建具付属品等の修理、破損ガラスの取替え、ふすま又は障子の張替え
(カ)電気施設
スイッチ、コンセント、引掛シーリング、グローブ、電球、ブザー、チャイム及びその他小部品等の修理又は取替え
イ県が行う修繕
家屋の壁・基礎・土台・柱・床・はり・屋根および階段並びに県が管理する給水施設・排水施設(浄化槽を含む)・電気施設・ガス施設・消火施設・ごみ集積場及び団地内の道路

また、廊下の工事につきましては、工事完了時に管轄建設事務所職員が検査を行います。不具合等があった場合は、施工業者に再施工を求めてまいります。

次に、お申し出のありました室内整理につきましては、公営住宅に関する法令等に入居者からの依頼に基づいて室内整理を行うことができる規定がなく、ご要望に沿うことができませんのでご了承をお願い申し上げます。

以上、ご要望への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、建築住宅課公営住宅室長:村上健一、担当:管理係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:建設部建築住宅課公営住宅室/管理係/電話026-235-7337/メールjutaku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:住宅・景観)(月別:2018年2月)2017001068

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)