ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 木製建具について

ここから本文です。

更新日:2018年4月30日

木製建具について

ご意見(2018年3月14日受付:Eメール)

木製建具開閉時重い
→戸車の取替えにより改善します。

木製建具については、戸車取り替えでは、開閉時「困難」を、解消出来ない。
職員が私宅を訪れこの木製建具を開けようとしたが、出来ず、検討する、と、述べた経緯がある。
私も、この木製建具が重くて、わざわざ、台所木製建具まで移動して、廊下に出ている。
原因は、木製建具に使われている「ガラス」にある。
プラスチックに取り替えるか、戸車そのものを、「重い木製建具」でも、容易に、開閉出来る製品に取り替え願いたい

回答(2018年3月22日回答)

長野県建設部長の油井均と申します。
県民ホットラインにお寄せいただきました、木製建具のガラス取替え等のご要望についてお答えいたします。

木製建具のガラスを他の材質(アクリル製など)に取替えることや耐荷重の大きな戸車に取替えることは可能です。
なお、木製建具のガラスや戸車の取替えは、先般お答えしましたとおり入居者の費用負担となりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
また、取替えにあたり業者の紹介等をご希望の場合は、管轄建設事務所までご連絡をお願いいたします。

(参考)
修繕に関しましては、県営住宅等に関する条例(昭和35年10月13日条例第33号)第16条第4号及び県営住宅等の管理に関する取扱要領第23で費用負担について定め、具体的な内容は入居時にお渡ししている県営住宅入居者のしおりでお示ししているところです。
【県営住宅入居者のしおり(抜粋)】
ア入居者が行う修繕等
(イ)建具
網戸・敷居レール・戸車の修理又は取替え(ただし鋼製建具の戸車取替えを除く)、戸締金物・ドアの引手・錠前・かぎ類及びその他の建具付属品等の修理、破損ガラスの取替え、ふすま又は障子の張替え
(カ)電気施設
スイッチ、コンセント、引掛シーリング、グローブ、電球、ブザー、チャイム及びその他小部品等の修理又は取替え
イ県が行う修繕
家屋の壁・基礎・土台・柱・床・はり・屋根および階段並びに県が管理する給水施設・排水施設(浄化槽を含む)・電気施設・ガス施設・消火施設・ごみ集積場及び団地内の道路

以上、ご要望への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、建築住宅課公営住宅室長:村上健一、担当:管理係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:建設部建築住宅課公営住宅室/管理係/電話026-235-7337/メールjutaku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:住宅・景観)(月別:2018年3月)2017001185

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)