ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 県立高校の教員および部活動について

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

県立高校の教員および部活動について

ご意見(2018年3月14日受付:Eメール)

長野県の公立高校に勤務する友人を持つ者から、阿部知事にお願いがございます。
友人の勤務する高校では、嫌がる教員に体育科の教員や校長教頭が無理矢理運動部の顧問を押し付けているようなのです。
友人から聴いた話だと、スポーツに詳しくなく知識も経験もないのに、自分たちが楽をしたいからと強引に押し付けて、断るなら校長室に呼び出してYesというまで帰さないようにするとのことでした。
人には得意不得意があり、その人の能力を見定めて適材適所に配置するのが校長教頭の役割なのではないんですか?
嫌がる人に無理矢理させるのは、いじめではないんですか?
生徒にいじめはいけないと教育する側の人間がパワハラ、いじめを行って、よく長野県は教育県だなんて言えますよね。
また、部活動の顧問に、やりたくない人が就くのは生徒にも悪影響ですよね?そんな部活動で腕を磨くことも満足に活動することもできるはずないですよね?
部活動に時間と体力を削られて、満足に授業を受けることもできず、テスト期間中も部活動を強制させられているという話も聞きました。
もし、以上のことが事実であれば、長野県の学びに反していると私は感じております。
そこで、3点お願いがございます。
(1)県立高校の教員にセクハラやパワハラ等のハラスメントを受けたことがあるか、ある場合はどんな立場(経験年数、役職等)の時にどんな立場の人間から受けたのか調査をしてください。
(2)同じく県立高校の教員に専門外の部活動の顧問を経験したことがあるか、部活動を学校が主体となって行う必要があるのかアンケートをしてください。
(3)県立高校に通っている生徒に、部活動が必要かどうか、今の部活動は満足いく活動が出来ているかどうか、座学と両立することができているかどうかアンケートをしてください。
いずれについても、校長教頭に闇に葬られたり勝手に回答を書かれる可能性がありますので、配布及び回収は事務職員に担当させるようにしてください。
また、調査の結果を県のホームページに掲載する形で長野県民全員に公表してください。

年度末の忙しい時期にこんなことお願いして申し訳ありませんが、熱意に燃えていた友人が日に日に暗くなっていって、鬱病になりかけているのを見ているのは、もう耐えられません。
阿部知事、お願いです。長野県は教育県と胸が張れるよう、生徒の見本となれるような教員の育成に励んでください。よろしくお願いいたします。

回答

※本件については、差出人の連絡先等の記載がなく、差出人に回答を行なえない案件ですが、見解をお示しする必要があると判断したため、対応等の状況を以下のとおり記載します。

(対応等)
教育委員会の対応等は以下のとおり。

長野県教育委員会事務局教育次長の角田道夫と申します。
県民ホットラインにお寄せいただいたご意見について、担当部局から回答させていただくこととしておりますので、私から県立高校の部活動に関するご意見についてお答えします。

県立高校に勤務されているご友人が、競技・指導経験のない部活動顧問に就き、その活動により生活に支障が生じているということをお聞きし、大変残念に思うとともに、ご友人の健康状態について憂慮しています。
今回3点のご提案をいただきましたので、順次お答えします。

(1)として、ハラスメントを受けたことがあるか、教員に対する調査実施のご提案をいただきました。
県教育委員会では、パワハラなどのハラスメントに関する問題が起こった場合等に適切な解決を図るため、相談窓口を設置しています。県立高校教諭の場合には、高校教育課が窓口になっていますので、直接ご本人から詳細について当該課に文書等でご相談いただければ調査を行います。このため、ご提案いただいた調査を実施する予定は現在のところありません。
次に(2)、(3)として、教員及び生徒に対する部活動に関するアンケートの実施についてのご提案をいただきました。
学校の運動部活動は、学校教育の一環として行われ、生徒にとってスポーツに親しむとともに学習意欲の向上あるいは責任感、連帯感の涵養等に資する重要な場となっています。一方、この運動部活動は、顧問の教員の積極的な取組に支えられるところが大きいと考えられ、全国的に教員の働き方改革が議論される中、部活動の負担についても課題となっています。
県教育委員会では、教員の勤務状況調査を継続して実施しており、その結果等から部活動の指導が教員にとって大きな負担になっていると承知し、大きな課題であると捉え、部活動の活動日数などの改革に向け検討の参考としています。また、生徒に対し、匿名性を担保した学校評価を実施し、部活動を含めた様々な意見を聴取しており、学校運営をはじめ、部活動等のあり方等の検討に際して参考としているところです。このため、ご提案いただいたアンケートを実施する予定は現在のところありません。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご友人が勤務する学校では、校長・教頭が無理やり顧問を押しつけているのではないかというご意見もいただきました。学校名や詳細を教えていただければ、直接当該高校から事情を聴くことも可能ですので、下記連絡先までお知らせいただければと思います。

ご不明な点がございましたら、高校教育課長:塩野英雄、担当:管理係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局高校教育課/管理係/電話026-235-7430/メールkoko(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2018年3月)2017001182

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)