ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年5月分(月別) > 介護支援専門員の再研修について

ここから本文です。

更新日:2018年6月30日

介護支援専門員の再研修について

ご意見(2018年5月31日受付:Eメール)

介護事業所で働いている者です。

ケアマネージャーの資格を持っていますが、今年夏に更新期限を迎えます。近年実務についていませんでしたが、急遽、ケアマネージャー業務に復帰するよう指示がありました。
そのため、長野県社会福祉協議会に更新研修の受講の相談をしましたが、更新研修期間中に期限を迎えるので、今年は受講できないと説明を受けました。

詳しい方に相談したところ、実務に就いていない人の研修は、これまで時期をずらして2回以上実施されていた、今年は1回しか実施されないので、こうした状況があり得ると教えてもらいました。

介護の職場において、資格を失うことは職場の待遇や生活に直結します。また、松本市のみの開催ではとても参加しにくいです。
できればこうした更新研修は年2回以上、地区を変えて実施するようにするべきでないでしょうか。

なお、職場には状況を説明し、なんとか理解してもらっています。

 

回答(2018年6月6回答)

長野県健康福祉部長の山本英紀と申します。

「県民ホットライン」にお寄せいただきました介護支援専門員の再研修及び更新研修に関するご意見についてお答えいたします。

まずは、今年度の介護支援専門員の再研修及び更新研修について、研修日程と貴殿の資格の有効期間満了日との関係で受講できずにご不便をおかけいたしましたことについては、誠に申し訳ありませんでした。

県では、介護支援専門員の法定研修について、長野県社会福祉協議会を実施機関として指定・委託して実施しています。研修の日程及び会場等につきましては、長野県社会福祉協議会及び県が設置する介護支援専門員研修委員会において、受講見込人数や全県からの受講者のアクセス等を考慮の上協議し、回数及び会場を決定しているところです。
また、平成29年10月から平成30年9月末に有効期間満了を迎える方につきましては、平成29年度の更新研修受講対象者としてご案内させていただいていたところです。
現状におきまして、できる限り早期に更新等を行うための方法といたしましては、有効期間満了日以降に開講日を迎える他都県での再研修を受講いただく方法がございます。ご希望がございましたら、当方までお問い合わせください。また、長野県内での来年度の研修日程につきましては、長野県社会福祉協議会が運営するWebサイト「きゃりあねっと」等で来年4月当初からご案内いたしますので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

介護支援専門員の研修につきましては、あらかじめ定めた年間計画に基づき実施しているところですが、ご指摘のとおり急なご事情等により受講ができない方がいらっしゃることも想定されます。今回ご指摘いただきましたことを踏まえ、次年度以降の研修計画を検討させていただきます。

このたびは貴重なご意見をいただきまして、ありがとうございました。

以上、ご意見に対する回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、地域福祉課長町田直樹、担当:福祉人材係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。


【問合せ先:健康福祉部/地域福祉課福祉人材係/電話026-235-7129/メールchiiki-fukushi(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2018年5月)2018000212

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?