ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年5月分(月別) > 禁煙対策について

ここから本文です。

更新日:2018年6月30日

禁煙対策について

ご意見(2018年5月10日受付:Eメール)

東京都と同じように従業員を雇う飲食店は原則禁煙としてください。
観光客が安心して来訪でき、安心して食事ができるようになりますし、従業員の健康も保証されるようになります。

 

回答(2018年5月17回答)

長野県健康福祉部長の山本英紀と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた「禁煙対策」に関するご意見についてお答えいたします。

この度は、貴重なご意見を拝見させていただき、施設の禁煙対策に取り組んでいる県といたしましても、大変重要な課題と受け止めております。
県では、受動喫煙防止対策の一つとして、飲食店をはじめ、宿泊施設、事務所など終日全面禁煙に取り組んでいる施設を「おいしい空気の施設」として認定する取組を進めております。こうした施設を増加させる取組として、利用者に分かりやすく、終日禁煙の認定マークを作成し、施設に掲示していただくとともに、県のホームページでも紹介しています。また、県職員が様々な機会を捉えて、事業所や飲食店等を訪問し、たばこの害や禁煙の必要性について直接説明し、施設の禁煙や完全分煙の推進をお願いする取組も合わせて行っています。

ご意見にありますように、従業員や観光利用者の受動喫煙防止対策は大変重要であると考えていますので、今後は、さらに、受動喫煙防止対策が行き届いていない施設については、関係の団体や労働関係機関とも連携し、全面禁煙施設の認定を普及・啓発するとともに、国の健康増進法改正の趣旨を踏まえ、より積極的に取組の依頼を行い、利用者のみならず従業員に対する受動喫煙防止対策を推進してまいります。

喫煙に関する考え方は、県民の皆様の中でも様々であることに加え、基本的な方針については国の法律で定められるべきものであることから、まずは広く県民の皆様に、たばこが健康に及ぼす影響について理解していただく必要があると考えています。その上で、施設には、非喫煙者への配慮についてご協力いただくことで、今以上に、受動喫煙防止対策が適切に実施されるよう、県として普及・啓発に努め、たばこによる害のない信州をめざしてまいります。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、内容について不明な点がございましたら、健康増進課長原啓明、担当:食育・栄養係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。


【問合せ先:健康福祉部/健康増進課食育・栄養係/電話026-235-7116/メールkenko-zoshin(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2018年5月)2018000144

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?