ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年5月分(月別) > 人権啓発センターの職員の悪態について

ここから本文です。

更新日:2018年6月30日

人権啓発センターの職員の悪態について

ご意見(2018年5月8日受付:Eメール)

新聞報道に対して人権啓発センターは何をやっているのかと抗議の電話をした。そうしたらその記事を読んでなく、書いたのは県民だろうと責任逃れをした。仮にも長野県の人権啓発センターを名乗っているのに、責任逃れ、身内をかばう言動はいかがなものか。これでは長野県職員の人権意識は最低だと言わざるを得ない。

 

回答(2018年5月15回答)

長野県県民文化部長の角田道夫と申します。

「県民ホットライン」にお寄せいただきました人権啓発センターの職員の応対に関するご意見についてお答えします。

このたびは県の人権啓発センター職員の応対でご不快な思いをされたことにつきまして、心よりお詫びを申し上げます。
人権啓発を担う機関でありながら、報道に関する把握が遅れたことにより、貴殿のご指摘に対してお気持ちを十分に汲み取ることができず、丁寧な応対を欠いたことにつきまして、深く反省しております。今後は、日頃から迅速な情報収集を行うとともに、職員の人権意識の向上により一層努めてまいります。

引き続き「人権が尊重される長野県」を目指して、啓発や教育を進めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以上、お寄せいただきましたご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、人権・男女共同参画課長山田明子、担当:人権尊重係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:県民文化部/人権・男女共同参画課人権尊重係/電話026-235-7106/メールjinken-danjo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2018年5月)2018000129

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?