ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年5月分(月別) > 知事さんへについて

ここから本文です。

更新日:2018年6月30日

知事さんへについて

ご意見(2018年5月7日受付:Eメール)

私は県内に住む身体障がい者です。
代表として、知事さんにお願いがあってメールしました。
車イス業者(A)が廃業と突然の通知で。
この業者は、自社工場が県内にあります。
多様多種で、車椅子の調子や修理などの対応が速く、親身にやってくれる業者です。
そんな所が無くなって、みんな利用者は困ってます。
他にも業者はあると思いますが。多様多種で対応が速く親身になってくれる所はありません。
県内に工場が必要です。知事さん、当該工場を県で何とかしてもらえないでしょうか?
障がい者の声も聴いてください。

 

回答(2018年5月9回答)

長野県健康福祉部長の山本英紀と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、車椅子に関するご要望についてお答えします。

今回の車椅子業者の突然の廃業に関して、貴殿におかれまして大変お困りのことと推察いたします。
また、お話のありました企業の廃業につきましては、その影響が懸念されることから、お住まいの市町村とも情報を共有したところです。

県としましては、今回の企業の廃業に対する直接の対応は難しいものの、廃業への対応としまして、当部の障がい者支援課、県立総合リハビリテーションセンターはもとより、市町村とも連携し、懇切に相談等に応じて参りたいと存じます。
参考までに、補装具費支給等で車椅子の作製や修理の際に、医師による処方箋が必要となります。担当の医師や理学療法士・作業療法士等に業者に関して相談できる機会として活用していただくことも有効な方法でありますので一顧にしていただければ幸いです。

以上、ご要望への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、障がい者支援課長浅岡龍光、担当:在宅支援係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:健康福祉部/障がい者支援課在宅支援係/電話026-235-7104/メールshogai-shien(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2018年5月)2018000116

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?