ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年5月分(月別) > 長野県内のホテルについて

ここから本文です。

更新日:2018年6月30日

長野県内のホテルについて

ご意見(2018年5月24日受付:Eメール)

5月下旬初めて長野県内のホテルに宿泊した際に感じたことをお話しさせていただきます。いちホテルの対応を県に意見されてもと思いますが、今後長野県を観光や旅行で訪問する方が、気分を害して二度と訪れたく無いと思われてはとおもいメールいたしました。
長野県のお土産として販売されている、お菓子定価928円を、1160円で販売し、その他の商品もおおむね割増の金額で販売されていました。
本日ホテルにも問合せをして、担当者は、会社の方針とのことでしたが、私は今まで旅行に出掛けてこのような対応をされたのは初めてでした。長野県を訪問する際はサービスエリアや観光地で値段を確認する必要があるのでしょうか?
ちなみに前日と翌日に宿泊したホテルはどちらも定価で販売されていました。

 

回答(2018年5月31回答)

長野県観光部長の熊谷晃と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた、ホテルに販売されたお土産品の販売価格へのご意見についてお答えいたします。

この度は長野県にお越しいただき、ありがとうございました。また、長野県の観光産業にご意見をいただき感謝申し上げます。

早速、ご意見をいただきました点について、貴殿のお名前など個人情報を伏せた上でホテルにお尋ねしたところ、ホテル側では昔からの慣例を引き継ぎこれまで価格を設定し、お客様のことを十分考えていなかったとのことでした。今後は販売価格の値下げを検討したいとの回答をいただきましたので、お伝えさせていただきます。

当県では相手の気持ちになって行う「おもてなし」を多くの県民に呼びかけ、県民運動として行う取り組みや、長野県をお越しになった皆さんがその後も2度、3度訪れていただける満足度の高いサービスのレベルアップを目指した取り組みを行っているところです。そのような中で、当県のおもてなしやサービスにご意見いただきました点についても、重ねてお礼を申し上げます。

さて、当県では平成30年7月から9月に信州アフターデスティネーションキャンペーンを開催します。「世界級リゾートへ、ようこそ。山の信州」をキャッチフレーズ、「信州で人生が変わる」をコンセプトにして、信州の魅力を発信いたします。貴殿におかれましても、是非この機会に夏の信州にお越しいただき、お楽しみいただければ幸いです。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明の点がございましたら、観光部観光誘客課長丹羽克寿、担当:おもてなし推進担当までご連絡ください。

【問合せ先:観光部/観光誘客課おもてなし推進担当/電話026-235-7253/メールkankoshin(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:商業・工業・観光)(月別:2018年5月)2018000191

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?