ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年6月分(月別) > 佐久市内県道の街灯について

ここから本文です。

更新日:2018年7月31日

佐久市内県道の街灯について

ご意見(2018年6月1日受付:Eメール)

佐久市内、県道小諸中込線についてですが、一部の道路沿いに建柱されている電信柱へは佐久市管理の防犯灯は設置されていません。理由は、障がい時等に作業する電柱のためとのことでした。
しかし、当該部分は、他(防犯灯設置部)に比べ暗く、防犯灯の間隔も離れていることから、暗いです。また、丁字路のすぐ西側ということもあり、南から来た車からミラー等を通してみた時の視認性が悪いという問題もあります。
そこで、県として、当該付近に街路灯を建柱し、設置いただくことはできないでしょうか。ぜひご検討をお願いします。

 

回答(2018年6月8日回答)

長野県県民文化部長の角田道夫、長野県建設部長の長谷川朋弘と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました県道の街路灯に関するご要望のうち、県道の管理については建設部が、防犯灯の設置については県民文化部が担当しておりますので、それぞれお答えします。

まず、県として街路灯を設置できないかとのご要望についてお答えします。
県管理道路では、夜間における交通の安全を確保することを目的に、道路管理者である県と交通管理者である警察署が調整の上、横断歩道のある交差点等に道路照明を局部的に設置することがあります。
一方、犯罪防止などを目的とする防犯灯については、市町村が設置することとしています。
今回のご要望は地域の安全を願ってのものと受け止めているところですが、こうした点を踏まえ道路管理者として検討した結果、ご要望の実現は難しいと考えております。何とぞ、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

次に、防犯灯の設置についてお答えします。
防犯灯につきましては、地域の実態に即した設置や、設置後の維持管理の観点から、市町村において設置や設置に対する補助を行っています。
今回のご要望に関し、個人情報を伏せた上で、佐久市(担当:総務課総務係、電話:0267-62-2111(代表))に防犯灯の設置について確認したところ、地元区の状況に応じた設置個所や方法の選定、電気料を地元区に負担していただく関係から、地元区からの要望に基づき、市が設置をしているとのことでした。
そのため、当該付近への防犯灯の設置に関しては、地元区から区長名で市に申請していただく必要があることから、当該地区の区長さんにご相談いただきますようお願いいたします。

以上、ご要望への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、防犯対策に関することにつきましては、くらし安全・消費生活課長古川浩、担当者まで、県道の管理に関することにつきましては、道路管理課長中田英郎、担当:安全防災係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:県民文化部/くらし安全・消費生活課/電話026-235-7174/メールkurashi-(あっとまーく).nagano.lg.jp】

【問合せ先:建設部/道路管理課安全防災係/電話026-235-7303/メールmichikanri(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:くらし・生活環境)(月別:2018年6月)2018000219

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?