ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年6月分(月別) > はり灸マッサージ施術助成金の要望について

ここから本文です。

更新日:2018年7月31日

はり灸マッサージ施術助成金の要望について

ご意見(2018年6月18日受付:Eメール)

健康長寿の時代、県民の健康保持は必要不可欠となっています。要介護になる方は、病気によるもの、廃用性症候群によるものと多く2つに分類できると考えます。筋肉が、固縮することで、動きが制限され、使えず、筋肉が衰え歩けなくなる。膝関節の固縮は、大腿二頭筋の緊張を改善することで、関節の屈曲伸展可動機は違ってきます。楽になることで、生活の質は向上いたします。この補助金制度が、実施されれば、健康維持力は増進するでしょう。65歳以上の方に、施術料一人1000円の助成券を一年に8枚を配布されることを要望いたします。

 

回答(2018年6月21回答)

長野県健康福祉部長の山本英紀と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました「はり灸マッサージ施術助成金」に関するご要望について、お答えします。

この度は、貴重なご要望をいただき、誠にありがとうございました。
また、貴殿のご経験や、はり灸マッサージの効果等も伺い知ることができ、ご要望いただいた背景も十分理解して、そのお気持ちを受け止めているところです。

現在、県では、平成29年度に策定した第7期長野県高齢者プランに基づき、長寿の喜びを実感しながら、生涯にわたり自分らしく安心して地域で暮らしていけるよう、地域包括ケア体制の確立に向け、介護保険者である市町村支援に努めております。
とりわけ、介護予防・重度化防止については、市町村の取組の達成状況等を踏まえた課題分析・助言、介護予防のための地域ケア会議の運営支援等を行っているところです。

ご要望の趣旨は十分理解いたしますが、介護予防につきましては、介護保険者である市町村において、地域の実情に応じた多様な取組みが行われておりますので、県として、直ちにご希望に沿うことは難しいものと考えております。
このため、県としては引き続き、介護予防に向けた市町村支援を推進していく所存でございますので、何とぞご理解いただきますようお願いいたします。

貴殿におかれましては、今後も地域においてご活躍いただき、ともに県民の健康維持や介護予防の取組みに、ぜひご協力いただきたいと存じます。

以上、ご要望への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、介護支援課長小山靖、担当:計画係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:健康福祉部/介護支援課計画係/電話026-235-7111/メールkaigo-shien(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2018年6月)2018000277

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?