ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年7月分(月別) > 高校の文化祭について

ここから本文です。

更新日:2018年8月31日

高校の文化祭について

ご意見(2018年7月6日受付:Eメール)

昨日から長野県内に大雨警戒情報が出ており、大雨警報がでているが、ある県立高校は文化祭前なのか夜の9時以降になっても校舎に電気がついており、9時以降に帰宅する生徒がいる。
大雨の中、夜遅くまで外歩かせていいのか。
大雨注意報が出ているなか、生徒達を危険にさらしてないか。
学校側は責任を持って生徒を守らないといけないのではないか。
何かがあってからじゃ遅いんです。
文化祭中も大雨の予報だと思うが、大雨警戒情報が出ている間は18時には完全に帰宅させるか、時間短縮をするべきだ。
それができないなら文化祭は中止にするべき。
学校側は生徒を全力で守ってください。
お願いします。

回答(2018年7月10日回答)

長野県教育委員会事務局教育次長の轟寛逸と申します。
このたび県民ホットラインへお寄せいただいた、「高校の文化祭」に関するご意見についてお答えします。

貴殿には、大雨警報が出ている中、遅くまで学校に残っている生徒たちの安全をご心配いただき、心より感謝申し上げます。また、学校側が生徒を全力で守るべきだというご意見も重要なことだと真摯に受け止めております。

この件につきまして、当該県立高等学校の校長に、当日の状況を確認したところ、貴殿のご指摘どおり全日制の生徒が30名ほど文化祭の展示発表の準備のため、21時ころまで活動していたということです。また、当該県立高等学校には夜間定時制があり、定時制の生徒も20時30分まで通常日課で活動していたとのことです。生徒の帰宅に関しては、教職員の指示で保護者に迎えにきてもらうようにしていたようです。
いずれにせよ、大雨警報が出ていたことを承知しての活動であったことに対して、校長も生徒を全力で守る意識に欠けていたことを反省しております。県教育委員会といたしましても、学校側に対して危機管理意識に欠けていたことを指導いたしました。

今後も、学校の対応についてご意見がある場合は、当方ももちろん承りますが、可能であれば、校長(あるいは教頭)もいつでも聞く用意がありますので、共に安心、安全な学校を作るという意味からも直接話をしていただいてみてはいかがでしょうか。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、高校教育課長塩野英雄、担当管理係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局/高校教育課管理係/電話026-235-7430/メールkoko(あっとまーく)pref.nagao.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2018年7月)2018000345

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?