ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年8月分(月別) > 県職員の行政書士制度の認知について

ここから本文です。

更新日:2018年9月30日

県職員の行政書士制度の認知について

ご意見(2018年8月2日受付:Eメール)

本日保健所の職員から医療法人決算届について代理提出した行政書士さんの印鑑ではだめで、医療法人さんの印鑑が必要であると電話をいただきました。
これは、行政書士制度を否定している考えのもとにその様な発言がなされたと思われますが、長野県としてもそのように指導しておられるのでしょうか。
申請する書類を作成した後、医療法人さんに確認してもらっているのか、確認して医療法人さんに押印してもらい提出できないか等、行政書士に対する侮辱としか受け取れないような発言をうけました。
どのような指導をされておられるのか、ご意見をお聞きいたします。

 

回答(2018年8月8日回答)

長野県健康福祉部長の山本英紀と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた医療法人決算届の代理申請に対するご意見についてお答えいたします。

医療法人は、医療法第52条第1項により、事業報告書等の決算書類を都道府県知事に提出することを求められており、長野県では、その届出様式を平成13年2月26日付け12医第827号通知で様式第7号として定めております。
県では、本人申請を前提として同様式を定めており、提出者の印鑑を押印するよう求めていたところです。
しかしながら、同法第52条第1項の届出において、貴殿ご指摘のとおり代理申請を認めない法律上の根拠はございませんので、今後は代理申請の方法を定め、その旨各保健所に対し周知徹底を図ってまいりたいと思います。

以上、ご意見に対する回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、医療推進課長牧弘志、担当:管理係までご連絡くださいますようお願いいたします。

【問合せ先:健康福祉部/医療推進課管理係/電話026-235-7145/メールiryo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】


(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2018年8月)2018000485

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)