ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年9月分(月別) > テレワークながの運営事務局について

ここから本文です。

更新日:2018年10月31日

テレワークながの運営事務局について

ご意見(2018年9月20日受付:Eメール)

キャリアカウンセラーから、10月開講の「テレワークのためのITスキルアップ講座」の案内をいただき、受講を申し込みましたが、本日、応募者多数のため落選となりました。

この講座は長野県と受託企業の共同事業で、3講座あり、各講座50名程度の定員と言うことでしたが、倍以上の応募者があり、落選となったということです。

申し込みに関しては、簡単な応募フォームに入力しただけで、応募者のスキルや可能性、モチベーションを深く考慮された結果とは到底思えません。

私は未就学児を抱えており、まだまだ外で働くことは難しいです。
長野県と受託企業で、テレワークのためのスキルアップ講座を開講し、仕事紹介にも直結するということで、自宅で就業できるとたいへん喜んでおりましたが、なんという体たらくかと失望しました。

私は妊娠を機に事務職を辞めた以外では、パソコンは難なく使え、ビジネススキルもそれなりにあります。
かならず、受託先企業のお役に立てると自負しております。
それにも関わらず、なぜこのような人材が社会から取り残されるのか。
残念でなりません。

講座への申し込み前の説明会ではプロのアナウンサーまで呼び、動画視聴による受講までできるとうたっていたのに、選考に漏れたらその視聴をする権利すらないのです。

講座終了後は、適性を丁寧に見極め、人材紹介会社に登録され、仕事を振ってもらえるということだったのに、その可能性もゼロになりました。

期待を持たせることばかり吹聴して、この有様では行政による詐欺行為ではないですか。

希望する人には教育の機会を均等に与えてください。
選考に漏れた人は動画視聴すらできないのではひどすぎます。

早急に同様のスキルアップ講座を開講するか、在宅ワーク向けの職業訓練プログラム、もしくは子育て中の女性を優遇した人材紹介会社への登録プログラムを設置してください。
専門学校より安く、子育て中の人でも参加できる授業形態であれば有料でもかまいません。

誰しも長野県の職員様のように、毎日決まった時間に勤務して与えられた仕事をしていれば、妊娠も出産も障がいにならず、定年まで安心して働けるというわけではないのです。

ことさら私のように子育て中の女性は企業から敬遠され、パソコンや事務作業が好きだし処理能力も高いのに、そのような職種につくことは大変に難しいです。

まさしく仕事難民として絶望していたところにこの講座を紹介していただいたのに、また地獄に突き落とされた思いです。

早急な就業支援対策をお願いします。

回答(2018年9月28日回答)

長野県産業労働部長の内田雅啓と申します。
9月20日に「県民ホットライン」にお寄せいただきましたテレワークながの運営事務局に関するご意見、ご要望についてお答えいたします。

このたびは、ITスキルアップ講座にご応募いただきありがとうございました。
また、事前説明会にもご参加いただき感謝申し上げます。

しかしながら、せっかくご応募いただきましたのに、定員を超過する多数のご応募をいただいたため、お断りせざるを得ない状況になってしまい心よりお詫び申し上げます。
多くの方々に受講していただくことができるよう努力をしたものの、貴殿をはじめ、希望された方全員のご期待にお答えできず心苦しい思いでおります。

本事業につきましては、長野県が業務委託して実施しているものですが、限られた予算の中で定員を設定しており、定員の倍以上の受講希望者から応募があったことから、受講者を選考せざるを得ない状況となりました。
選考については、応募者の職歴や資格等をもとに、複数の者による慎重な検討を経たうえで決定させていただき、貴殿には受講をお断りする結果となってしまいました。
何とぞご理解ご了承いただければと存じます。

なお、動画視聴のみでの対応につきましては、受講者以外に公開することを業務委託契約の条件としていないこと及び撮影された会場の映像を受講者以外に公開することについて受講者の了解を得ることが困難なため、申し訳ありませんがお断りをさせていただいております。

今回のようなITスキルアップ講座を、来年度に実施するかどうかは未定ですが、子育て中の女性に対する就業支援については、引き続き実施し、少しでも多くの方々が希望する就業に結び付くよう努めてまいりますので、どうぞご理解いただきますようお願いいたします。

以上、ご意見、ご要望への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、労働雇用課長:青木隆、担当:労働環境係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:産業労働部労働雇用課/労働環境係/電話026-235-7118/メールrodokoyo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:商業・工業・観光)(月別:2018年9月)2018000694

 

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?