ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年10月分(月別) > 八ケ岳の間伐について

ここから本文です。

更新日:2018年11月30日

八ケ岳の間伐について

ご意見(2018年10月26日受付:Eメール)

八ケ岳が好きで登山をしています。今年の台風被害がひどく林道・登山道ともにダメージを受けています、確かに天候変化はありますが、それ以上に八ヶ岳の山が変化していませんか?
地元の方・小屋の方に聞くと、「ここ数年は間伐が行政指示で許可されなくなった」とのこと。確かに以前より、うす暗く・木がやせ細り、手入れ=間伐がされていません。間伐が許可されなくなった背景と理由を教えてください。
山は手入れをしないと大変なことになります、間伐は小屋や地元の方に任せてお願いしてはどうですか?以前のように。
小屋や地元の方は、自分たちの住み家を悪いようにするはずがありません。ご連絡お待ちしています。

回答(2018年11月2日回答)

長野県林務部長山崎明と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた八ヶ岳の間伐に関するご質問についてお答えします。

貴殿からいただいたご質問を拝見し、八ヶ岳の現状について大変ご心配されていることと推察いたします。

森林の伐採や間伐を行うに当たっては、その場所によって法令の制限を受ける場合があります。いただいたご質問の内容だけでは場所が特定できないことから、正確なお答えはできませんが、多くの場合、所定の手続きを行っていただければ、伐採や間伐を行うことが可能であり、実際に八ヶ岳周辺の森林においても間伐が行われております。また、近年、間伐を特に許可しないというような話は承知しておりません。
なお、県では、今年度より、観光地の魅力向上のために地域の景観に合致した森林の景観整備や、「防災・減災」の観点から整備の必要性の高い森林の整備などを新たに実施することとしたところです。これらの施策の活用等を通じて、長野県の森林がよりよいものとなるよう、今後とも取り組んでまいります。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、森林政策課長:福田雄一、担当:企画係までご連絡くださいますようお願い申しあげます。

【問合せ先:林務部/森林政策課企画係/電話026-235-7261/メールrinsei(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:農業・林業)(月別:2018年10月)2018000840

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?